■ 「菊子桜」仲むつまじく…伊達・大滝区優徳町で見ごろ
【2018年5月16日(水)朝刊】

見ごろを迎えた「菊子桜」は地域の自慢。15日午前は大滝小の児童が遊び回っていた
 伊達市大滝区優徳町の大滝小学校近くにある、樹齢140年超のエゾヤマザクラの大木「菊子桜」が見ごろを迎えた。色合いがわずかに違うサクラが2本、仲むつまじく寄り添うように花を咲かせている。

 菊子桜は、サクラを愛した所有者・橋本誠一さんの母をしのんで名付けられた。台風などで倒れないよう、枝を支柱で支えるなどして大切に管理されている。

 15日には、大滝小の児童が陽気に誘われ、中休みの時間、サクラを取り囲むように遊び回っていた。

 大滝小6年で児童会長の村山陽希君(11)は「学校の中からサクラが見えます。いつもより早めに咲いたよう。これからも毎年きれいに咲いてほしいです」と話していた。

 大滝区には、菊子桜のほか、なかとくの桜など住民が手入れをしている名物のサクラがある。いずれも高台にあり今後、見ごろを迎える。
(野村英史)

【写真=見ごろを迎えた「菊子桜」は地域の自慢。15日午前は大滝小の児童が遊び回っていた




◇ 主な地域のニュース

☆ 新潟の事件受け室蘭でも子ども見守りを強化
☆ 室蘭・白蘭小で教員らがデジタル教科書を学ぶ
☆ 室蘭で「コンサドーレジュニアスクール」が開校
☆ 登別・クマ牧場のNKB総選挙、31日まで投票受け付け
☆ 洞爺湖町の自販機に中国スマホ決済、道南では初導入
☆ 絵本たくさん読んでね、白老ガスが海の子保育園に贈る
☆ 苫小牧・灯油販売の給油所でガソリン混入を確認
☆ 室工大の胆振学入門で戸田町長が白老のまちづくり解説