■ 登別・クマ牧場のNKB総選挙、31日まで投票受け付け
【2018年5月16日(水)朝刊】

雌グマナンバーワンを決める総選挙の投票を受け付けている
 のぼりべつクマ牧場(登別市登別温泉町)は、雌グマトップを決める第7回NKB総選挙2018の投票を31日まで受け付けている。全24頭の中からお気に入りのクマを来場者に選んでもらう仕組み。初参戦の“アイドル”もいて、今年も激戦必至だ。

 2012年(平成24年)から実施している。山頂博物館に投票所を設けて、気に入った雌グマに一票を投じてもらう。

 今年もベテランから新人まで精鋭ぞろいの24頭が出馬。昨年1位のニイサを筆頭に、ベッキー(2位)やカコ(3位)など上位陣は健在。初参加はシズク、マリン、ツムギの5歳トリオ。若さを生かして“先行逃げ切り”なるか。

 昨年は中間発表でトップだったニイサがそのまま逃げ切り、2年ぶりに首位に輝いた。同じく中間発表で4位と好位置に付けたエリカは、妊活のために最終的に“神7”から外れるなど、最後まで順位は変動する可能性が高い。

 ホームページでの案内やポスターを掲示して投票を呼び掛けている。それぞれのクマにはキャッチコピーがあり、「温泉のように湧き出る好奇心『無謀な探検家』」(エス、22歳)、「他人には媚(こ)びません『ミセス反抗期』」(トルエ、19歳)などユニークな表現で投票を呼び掛けている。

 投票の上位7頭は、クリアファイルやポスターに採用されるなど、1年間広告塔として活躍する。問い合わせは同牧場、電話0143・84局2225番へ。
(石川昌希)

【写真=雌グマナンバーワンを決める総選挙の投票を受け付けている




◇ 主な地域のニュース

☆ 新潟の事件受け室蘭でも子ども見守りを強化
☆ 室蘭・白蘭小で教員らがデジタル教科書を学ぶ
☆ 室蘭で「コンサドーレジュニアスクール」が開校
☆ 「菊子桜」仲むつまじく…伊達・大滝区優徳町で見ごろ
☆ 洞爺湖町の自販機に中国スマホ決済、道南では初導入
☆ 絵本たくさん読んでね、白老ガスが海の子保育園に贈る
☆ 苫小牧・灯油販売の給油所でガソリン混入を確認
☆ 室工大の胆振学入門で戸田町長が白老のまちづくり解説