■ 登別・モモンガくらぶの吉元さんが道内初の優秀賞
【2018年4月26日(木)朝刊】

優秀賞に輝いたモモンガくらぶ事務局長の吉元さん(左)
 NPO法人登別自然活動支援組織モモンガくらぶ事務局長の吉元美穂さん(39)が、アウトドア活動による人づくりを実践するリーダーの功績をたたえる「ジャパン・アウトドア・リーダーズ・アワード(JOLA)2018」(JOLA運営委員会主催、農水省など後援)で優秀賞に輝いた。道内初の受賞。25日に小笠原春一登別市長に受賞を報告した。

 昨年、全国の自然保護団体の関係者らでつくる運営委員会が創設した表彰。2回目の今回は全国から77人が応募し大賞1人、特別賞2人、優秀賞5人が選ばれた。

 アワードは書類選考のみで審査され、普段の活動を人づくりや地域社会への貢献などの観点から評価。吉元さんは、同法人事務局長を務めながら、富岸子育てひろばのセンター長も兼任。0歳児からの体験活動から大人向けの野外活動まで担当し、自然体験を通じた人づくりを実践している点が評価された。

 同法人の松原條一理事長らと6人で市役所を訪問。吉元さんは「これまで協力してくれた方々のおかげで受賞でき、誇りに思います」と笑顔。「(受賞を機に)アウトドア業界の認知度を高めて、安定した職業として確立するために引き続き指導者をフォローできるような環境を提供していきたい」と話していた。
(高橋紀孝)

【写真=優秀賞に輝いたモモンガくらぶ事務局長の吉元さん(左)




◇ 主な地域のニュース

☆ 室蘭市内の製造業活況、大型設備投資相次ぐ
☆ 室蘭で「こどもの日」商戦、五月人形や玩具並ぶ
☆ 宮古復興と交流願う、室蘭酒販協組が地酒販売で応援
☆ 衣笠さんの別れ…登別の元広島選手・竹野さんが悲しみ
☆ 壮瞥・道の駅前にラーメン店、28日プレオープン
☆ 白老消費者協会が解散、但馬理事長「断腸の思い」
☆ 苫小牧―八戸間に川崎近海汽船が新造船を就航
☆ 室蘭・八丁平の歯科医院でカラフル花壇が無残に