■ シイタケ収穫楽しみ、室蘭で親子が植菌体験
【2018年4月16日(月)夕刊】

ほた木にコマを打ち込む親子
 室蘭市民俗資料館のとんてん館寺子屋教室「しいたけ植菌体験学習会」が15日、陣屋町の同資料館で開かれ、参加者らは1年半後の収穫に期待しながら、ほた木に菌を植え込んでいた。

 定員を上回る29人が参加。資料館が用意した長さ90センチ、太さ約7センチのほた木(ナラ)に電動ドリルで直径約1センチ程度の穴を25個開け、種菌が付着した「コマ」を穴に木づちで丁寧に打ち込んだ。

 打ち込んだコマに溶かしたロウを塗ったら出来上がり。風通しの良い日陰で乾燥しないよう保管すれば菌が繁殖し、1年半ほどで生えてくるという。家族でキノコが好きという仲川康介君(知利別小3年)は「収穫できたら天ぷらにして食べたい」と豊作を期待していた。
(菅原啓)

【写真=ほた木にコマを打ち込む親子




◇ 主な地域のニュース

☆ 胆振・日高3町長と洞爺湖町議補選が決まる
☆ 室蘭・翔陽中ジャズ部が日野皓正さんと夢のセッション
☆ 室蘭で演劇・鐵の人オーディション、市民ら熱意披露
☆ 室蘭の風景画ずらり、ギャラリー森田が今季オープン
☆ 室蘭市B&G海洋センターの艇庫開きで意気込み新た
☆ 全道懸け朗々と、登別で民謡室蘭地区予選大会
☆ 冬のごみ住民が回収、登別で雨の中クリーン作戦
☆ 春一番伊達ハーフマラソンで3600人快走