■ 室工大公認ジンギスカン鍋クッキー生産増強へCF活用
【2018年3月26日(月)朝刊】

設備増強などに向けて資金を集めている「室工大公認ジンギスカン鍋クッキーファンド」の画面
 ナニナニ製菓(室蘭市中島町、庭山貴行店主)は、製造している室蘭工業大学(空閑良壽(くがよしかず)学長)公認の焼き菓子「ジンギスカン鍋クッキー」の新容器の開発や設備増強などの資金集めのため、クラウドファンディング(CF)を活用している。名称は「室工大公認ジンギスカン鍋クッキーファンド」で22日にページを開設。室蘭市の事業を利用し、「投資型」のCFで資金調達を目指している。目標額は500万円。

 資金を募金する「寄付型」や、対価として物品・サービスを提供する「購入型」のCFとは異なり、事業者の売り上げに応じて、数%の金銭的なリターンが出資者に配分される「投資型」である点が特徴。初期費用86万円のうち、66万円は市が負担した。

 ジンギスカン鍋クッキーの売り上げは好調で、道内各地の観光地から問い合わせがある。ただ、店内にオーブンが1台しかなく、製造時間が限定され、クッキーも輸送中に破損する可能性もある。集めた資金は新しいオーブン導入や製造のための金型の増強、クッキーが割れにくい容器の開発などに充てる。

 出資額は一口2万1千円。期間は11月30日まで。1口に付き「鐵(てつ)の素クッキー」と「ジンギスカン鍋クッキー」の詰め合わせ(送料込み3800円相当)を送付する。

 庭山店主は「予想以上の反響に驚いている。ニーズに応え、室蘭や北海道のPRにつなげたい」と意気込んでいる。

 URLは(https://www.securite.jp/fund/detail/4357)。
(池田勇人)

【写真=設備増強などに向けて資金を集めている「室工大公認ジンギスカン鍋クッキーファンド」の画面




◇ 主な地域のニュース

☆ 4月から市立室蘭総合病院循環器内科の常勤医がゼロ
☆ 室蘭に企業主導型保育園「さくらっ子」が2日開園
☆ サックスの調べ堪能、室蘭で「サクパル」が初の演奏会
☆ 手話をもっと身近に、登別のフェス通し必要性再認識
☆ 伊達の参加型イベントでハーバリウム作りを体験
☆ 豊浦町と4郵便局が見守り活動など連携協定
☆ ネッツトヨタ苫小牧のブルーツインがリニューアル開店
☆ 100年建造物保存活用会が室蘭の発展に貢献の先人紹介