■ 豊浦4小中学校で地場産ホタテカレー給食「おいしい」
【2018年3月14日(水)朝刊】

口いっぱいにホタテの入ったカレーを味わう児童たち=提供写真
 噴火湾で水揚げされたホタテをふんだんに使用した学校給食が12日、豊浦町内の4小中学校でカレーとして振る舞われた。子どもたちは地元の味に笑顔を見せていた。

 噴火湾沿岸の2漁協(室蘭漁協、いぶり噴火湾漁協)と西胆振の2市2町(室蘭、伊達、洞爺湖、豊浦)で構成する「噴火湾胆振海区漁業振興推進協議会」(会長・菊谷秀吉伊達市長)が、特産のホタテのおいしさを伝えようと2014年(平成26年)から無償で実施している。

 豊浦町は提供を受けた10キロ(むき身換算)を昨年同様、カレーの具にして調理。豊浦小学校では子どもたちがむき身がいっぱい入ったカレーに大喜び。「おいしいね」と口いっぱいに頬張っていた。

 このほか、胆振西部の小中学校では1月に伊達市、壮瞥町でカレーとして、洞爺湖町では虻田地区でカレー、洞爺地区で甘辛煮としてそれぞれ振る舞われ子どもたちを喜ばせた。
(奥村憲史)

【写真=口いっぱいにホタテの入ったカレーを味わう児童たち=提供写真】




◇ 主な地域のニュース

☆ 宮蘭フェリー就航100日前“笑顔同舟”受け入れ準備
☆ 室蘭市内初、輪西中央と第三町会が4月1日に合併
☆ 室蘭市消防団の分団再編で第2と第3を統合方針
☆ 登別・工学院建築学科がBIMで働き手の負担軽減期待
☆ 壮瞥との懸け橋に…小田さんが今夏フィンランドに留学
☆ 中学硬式野球・洞爺湖リトルシニアが全国1勝に闘志
☆ 白老町手をつなぐ育成会が特別支援学校の設置求める
☆ 友と別れ希望の巣立ち…室蘭市内の中学校で卒業式