■ 倶多楽湖が全面結氷、のぼりべつクマ牧場から確認
【2018年2月14日(水)朝刊】

結氷した湖面に積雪が確認できる倶多楽湖
 のぼりべつクマ牧場は、倶多楽湖(白老町)が9日に全面結氷したと発表した。ここ数日の天候により表面にはうっすらと雪が降り積もり、幻想的な空間を演出している。

 同牧場は倶多楽湖の定点観測を行っており、今月1日から湖面に氷が張り始め、2日にはほぼ全体が氷で覆われたという。9日には全面結氷が確認されていたが、10、11日の気温上昇に伴い様子を見ていたため、正式発表は12日となった。例年1月下旬から全面結氷しているが、近年は暖冬の影響を受けて、3月上旬までずれ込んだり、結氷しない年もあった。

 同牧場クマ山にある展望台から眺めると、倶多楽湖の壮大な姿をはっきりと確認できる。平野部と比べて体感温度は低いが、訪れた観光客は望遠鏡をのぞき込みながら神秘的な光景を楽しんでいる。
(石川昌希)

【写真=結氷した湖面に積雪が確認できる倶多楽湖




◇ 主な地域のニュース

☆ 昨年の西胆振転出超過1126人、室蘭はワースト4位
☆ 「♯ らんらん室蘭」を広めよう、SNS投稿促す
☆ 2月23日「工場夜景の日」に室蘭の輝き空撮ライブ
☆ 室蘭のWIN海陽男子が小学バレーで過去最高全道3位
☆ 伊達産の越冬タマネギ名称「えったま333」に決定
☆ がん闘病で命に感謝、伊達で登別中の山岸教頭が授業
☆ 白老で胆振管内の小学生が英語で元気よく自己紹介
☆ 患者さんを元気に、室蘭・星蘭中生徒がタオル帽子製作