■ 2月23日「工場夜景の日」に室蘭の輝き空撮ライブ
【2018年2月14日(水)朝刊】

ドローンで空撮した映像をゴーグル内に映し出すVRのテストをする室蘭観光推進連絡会議メンバー
 今月23日の「工場夜景の日」に全国10都市で記念イベントが同時開催される。室蘭市では無人航空機・ドローンを使い、工場夜景を空撮。道の駅みたらラウンジの大型スクリーンに映し出すドローンライブの初実施を決めた。

 室蘭観光推進連絡会議が主催。ドローンライブは、空から見る工場夜景と銘打ち室蘭港の夜景を空撮。みたらに設置する150インチのスクリーンに投影する。ドローンパイロットのLANの山口雄平代表取締役が国土交通省の許可を得て撮影。荒天時は事前撮影した空撮動画を放映する。ネット中継も検討している。

 専用のゴーグルを使ったバーチャルリアリティー(VR、仮想現実)の実演も人数限定で行う。実施に向け1月からテストを重ねており、ゴーグルを着けると顔を向けた方向にドローンのカメラが向き、その場にいるような臨場感と夜空を飛んでいるような体験ができる。

 当日は午後5時半から。FMびゅーで工場夜景の特徴や楽しみ方、全国の工場夜景都市を紹介する特別番組も放送する。17日から25日まで、撮りフェス応募作品の中から、夜景写真などをみたらに展示する。

 他都市の取り組みは、三重県四日市市ではコンビナート夜景クルーズ、山口県周南市では工場夜景スポットをバスで巡るなどツアーが主体。室蘭観光推進連絡会議は「新しい景観の見せ方と、より広く室蘭を知ってもらえるよう、ドローンやラジオによる発信を考えた」といい、多数の来場を呼び掛けている。

 工場夜景の日は第1回全国工場夜景サミットが2013年2月23日に神奈川県川崎市で開かれたことに由来。日本記念日協会の認定を受けている。
(粟島暁浩)

【写真=ドローンで空撮した映像をゴーグル内に映し出すVRのテストをする室蘭観光推進連絡会議メンバー




◇ 主な地域のニュース

☆ 昨年の西胆振転出超過1126人、室蘭はワースト4位
☆ 「♯ らんらん室蘭」を広めよう、SNS投稿促す
☆ 室蘭のWIN海陽男子が小学バレーで過去最高全道3位
☆ 倶多楽湖が全面結氷、のぼりべつクマ牧場から確認
☆ 伊達産の越冬タマネギ名称「えったま333」に決定
☆ がん闘病で命に感謝、伊達で登別中の山岸教頭が授業
☆ 白老で胆振管内の小学生が英語で元気よく自己紹介
☆ 患者さんを元気に、室蘭・星蘭中生徒がタオル帽子製作