■ 9日付けから平昌五輪で特別紙面
【2018年2月7日(水)朝刊】


 平昌冬季五輪は8日から一部競技がスタートし、9日夜の開会式で幕を開けます。室蘭民報社は25日までの五輪期間中、特別紙面編成で大会の模様をお届けします。

 韓国北東部の平昌と日本の時差はなく、朝夕刊で競技成績や試合内容、選手の表情などを詳報します。朝刊は1面で日本人選手の活躍ぶりを中心に掲載するほか、期間中はスポーツ面を増強し、カラーページでの報道にも力を入れます。夕刊はすべての紙面をカラー印刷とし、きめ細かい五輪報道に努めます。

 一部競技については、終了時間が深夜となるほか、悪天候による競技進行の遅れなどによって印刷開始時間がずれ込み、朝夕刊の配達が通常より遅れる場合がございますので、ご理解をお願いいたします。