■ シップリサイクルを室蘭で実現を、25日にセミナー開催
【2018年1月23日(火)朝刊】

第8回シップリサイクルセミナー室蘭のPRポスター
 NPO法人シップリサイクル(SR)室蘭(理事長・清水一道室蘭工業大学教授)は、25日午後5時から室蘭市宮の森町の蓬らい殿で「第8回シップリサイクルセミナー室蘭」を開催する。ものづくり体験や市民とのトークショーなど市民参加型の企画に改め、事業化に向けた機運を高める。参加無料。室蘭民報社などが後援する。

 市民のSRに対する機運を醸成し、事業化への道筋を付けようと、内容を関係者向けから一般向けにした。

 午後6時から清水理事長がこれまで取り組んだSRについて講演。引き続き、「市民と語るシップリサイクルトークショー」として、SR室蘭のメンバーや市民が「もしシップリサイクル事業を室蘭で実現できたら」をテーマに語り合う。

 講演・トークショーの開始前(午後5時)と終了後(同8時)は「親子で楽しく学べるものづくり体験教室」を開催。スズを使ったキーホルダーとペットボトルを使った飛行玩具・ピークを作ることができる。

 清水理事長は「プロジェクトを実現するには市民との懇談が必要。これまでに培った絆があり、室蘭や気仙沼市で実施した解体のノウハウを消したくない。ぜひ室蘭でSRを実現したい」と話している。問い合わせは清水研究室、電話0143・46局5971番へ。
(有田太一郎)

【写真=第8回シップリサイクルセミナー室蘭のPRポスター




◇ 主な地域のニュース

☆ 宮蘭フェリー就航残り150日、新成人が晴れ着姿でPR
☆ 室蘭市が17年度助成金活用で空き家3件を解体
☆ 室工大や各高校でも書類チェック、願書受け付け始まる
☆ 登別市消防本部が17年まとめで火災死者3年ぶりゼロ
☆ 登別・青葉小5、6年生が今季からスキー学習
☆ 31文字に人生ドラマ、伊達の浮田さんが初の歌集出版
☆ 白老・アイヌ民族博物館で2月18日から最後の企画展
☆ 志望動機を大きな声で、大谷室蘭高で推薦入試に挑む