■ 宮蘭フェリー就航残り150日、新成人が晴れ着姿でPR
【2018年1月23日(火)朝刊】

「宮蘭フェリー航路開設まで150日」をPRする新成人たち(室蘭市提供写真)
 室蘭市と岩手県宮古市を結ぶ宮蘭フェリー就航に向け、きょう23日で残り150日となった。室蘭市広報課は同日から、新成人たちの協力で撮影したフェリー航路のカウントダウン映像を動画投稿サイト・ユーチューブにアップし、残り150日を周知する。

 誰でも気軽にアクセスできる投稿サイトを使った広報戦略の一環で、フェリー航路開設の周知が目的。昨年12月4日の「残り200日」に第1弾を実施した。両市の観光地紹介などと合わせ、市民演芸大会出演者が残り日数を叫ぶ映像を紹介した。

 第2弾の今回は新成人の出演が特徴。あでやかな晴れ着やスーツに身を包んだ新成人たち約30人が、カウントダウンボードの前で「航路開設まで150日。イエーイ」と手を振る映像をつなぎ合わせ、約30秒の映像に編集した。7日の成人祭で協力を呼び掛けた。

 BGMには、室蘭出身で札幌を拠点に活動しているシンガーソングライター・SAKIさんの楽曲を使用した。

 ユーチューブにアクセスし「室蘭市公式チャンネル」で検索すると、見ることができる。広報課は残り100日、50日、開設日の6月22日当日にも、知恵を絞ったPR映像をアップし、フェリー航路開設を盛り上げていく考えだ。

 田中敏浩広報課長は「室蘭市民のフェリー就航への思い入れは非常に強い。映像を通じて航路をPRすることはもちろん、市を挙げて応援している雰囲気も伝わればうれしいですね。これらの取り組みが利用促進や安定運航の力になっていけば」と話している。
(鞠子理人)


◆―― 室蘭「よいとこ」アピール
昨年7月にむろらん港まつりの会場に設けられた宮古の物産展
 6月22日の室蘭―岩手県宮古間のフェリー就航まできょう23日で「あと150日」。室蘭市や室蘭観光協会では観光振興に生かそうと準備を進めている。第1便で船内PRなども検討しており、就航に向け観光関係者が機運を高めている。

 室蘭市は宮古市や川崎近海汽船の関係者とともに、第69回さっぽろ雪まつり期間中の2月10日、同まつり会場でフェリー就航のPRを行う。ステージイベントや着ぐるみで来場者に新航路をアピールする。

 また、胆振総合振興局と合同で6月22日、宮古発の第1便に職員が乗船し、利用客に室蘭の景勝地やグルメをPRする予定。船内にブースを設け、市の職員らが利用客に直接パンフレットを配り、室蘭の魅力を伝える計画だ。室蘭到着後の、歓迎と出航のセレモニーもそれぞれ検討している。

 これまでに盛岡や札幌といった都市部でもPRを進めてきた。「物流が主体になるので観光面では、どのような客層が来るか。就航してみなければ分からない部分はある。温泉地や札幌も近いので流れる可能性はある」と市観光課は指摘する。室蘭には午後6時に到着する点を踏まえ、交流・滞在人口の増加に期待。「白鳥大橋の開通20周年やむろらん港まつりといった大きなイベントと絡めて集客する策を講じていきたい」と力を込める。

 室蘭観光協会ではむろらん港まつりなど、既存のイベントの中で物産展をはじめとしたフェリー就航に関連したイベントを検討する。これまでに物産展をはじめ、宮古市で撮りフェスin室蘭の写真展や、旧室蘭駅舎で宮古市のパネル展を開き、相互交流を深めてきた。

 きょう23日に盛岡市内のホテルで開かれる航路開設150日前記念事業「宮古・室蘭フェリー航路セミナーin盛岡」では、同協会の仲嶋憲一事務局長がパネリストの一人として出席。フェリー航路を活用した地域活性化の在り方や課題を協議する。「航路開設効果を維持し、観光に活用していくのが課題。積極的に需要を掘り起こしていく」と意気込む。

 大規模なイベントとの連携の必要性を指摘し「各団体が単独で行っても効果は限定的。行政や商工会議所と連携を取りながら進めていきたい」と情報発信に努める考えだ。
(池田勇人)

【写真=(上から順に)「宮蘭フェリー航路開設まで150日」をPRする新成人たち(室蘭市提供写真)、昨年7月にむろらん港まつりの会場に設けられた宮古の物産展




◇ 主な地域のニュース

☆ 室蘭市が17年度助成金活用で空き家3件を解体
☆ 室工大や各高校でも書類チェック、願書受け付け始まる
☆ シップリサイクルを室蘭で実現を、25日にセミナー開催
☆ 登別市消防本部が17年まとめで火災死者3年ぶりゼロ
☆ 登別・青葉小5、6年生が今季からスキー学習
☆ 31文字に人生ドラマ、伊達の浮田さんが初の歌集出版
☆ 白老・アイヌ民族博物館で2月18日から最後の企画展
☆ 志望動機を大きな声で、大谷室蘭高で推薦入試に挑む