■ 伊達消費者協会が暮らしの安心・安全のための生活展
【2018年1月14日(日)朝刊】

フリーマーケットで掘り出し物を探す来場者=12日
 伊達消費者協会(荻野久枝会長)の「暮らしの安心・安全のための消費生活展」が14日まで、伊達市松ヶ枝町のだて歴史の杜カルチャーセンターで開かれている。来場者がフリーマーケットなどを楽しみ、悪質商法の防止を訴えるパネルに見入っている。

 フリーマーケットは皿やコップなどの食器がずらり。ほかにもベストや犬の縫いぐるみ、万華鏡などの手作り体験が楽しめるコーナー、運動教室などを用意してある。

 初日の12日は午前中から市民らが続々と来場。フリーマーケットでは掘り出し物を探す人たちでにぎわった。また初日限定の血圧や体脂肪などを測定できる健康チェックも人気を集めていた。

 パネルでは振り込め詐欺、融資保証金詐欺、還付金詐欺などを分かりやすく紹介していた。荻野会長は「多くの方々に足を運んでもらえれば」と話している。最終日は午前10時〜午後4時。
(奥村憲史)

【写真=フリーマーケットで掘り出し物を探す来場者=12日】




◇ 主な地域のニュース

☆ センター試験初日終了、JR事故で室工大 3人別室受験
☆ 室蘭で日胆地区ソロ・アンサンブルコンクール、息ピタリ
☆ 室蘭・蘭北地区の4小中校合同で親子が楽しく交流
☆ 室蘭マリン少年少女合唱団が元気いっぱい年明け初練習
☆ 登別・鉱山で冬の思い出〜スペシャルウイーク始まる
☆ 登別産の畜産物を使った食育料理教室〜親子でいい味
☆ 苫小牧のイオンで北海道命名150年記念のPRイベント