■ 伊達・黄金小で室内雪合戦、みんな熱中し楽しむ
【2018年1月13日(土)朝刊】

室内雪合戦のルールなどを確認する子どもたち
 NPO法人そうべつ地遊スポーツクラブ主催の「ジュニアスポーツクラブin黄金」が10日、伊達市黄金小学校体育館であり、同校に通う児童13人が室内雪合戦を楽しんだ。

 冬休み期間中の運動不足解消に実施している。講師は同クラブマネジャーの加藤康大さん。2チームに分かれた子どもたち。体育館の床面に段ボールのシェルターを立て、青と赤のゴムボールを使いプレーを楽しんだ。徐々にこつをつかむとゲームに熱中。随所に好プレーを見せていた。

 6年生の清野柑太君(12)は「みんなで協力して球を相手に当てるのがすごい楽しい。汗びっしょりです」と息を弾ませていた。

 17日も開催する。
(奥村憲史)

【写真=室内雪合戦のルールなどを確認する子どもたち




◇ 主な地域のニュース

☆ 室蘭・レストハウスアイランド、観光案内所に向け準備
☆ 室工大でもきょうからセンター試験、本番に備え下見
☆ 室蘭・母恋駅の案内板リニューアル、多言語化に対応
☆ 室蘭ナツメロ好友会が例会300回を達成、歌声に熱
☆ 登別地獄谷ににっこり笑顔の「鬼っこ雪だるま」登場
☆ 豊浦のホタテ釣り予選記録会、あすまで参加者募集
☆ 上村牧場が白老牛「上物率」100%を初達成
☆ 笑顔の春へ第一関門、室工大などでセンター試験始まる