■ 登別地獄谷ににっこり笑顔の「鬼っこ雪だるま」登場
【2018年1月13日(土)朝刊】

記念撮影に引っ張りだこの「鬼っこ雪だるま」
 年明けも観光客でにぎわう登別地獄谷周辺の各所で、にっこり笑顔の雪だるまがお出迎え。大小さまざまな作品が登別園地フィールド内に並び、風景とともに楽しい演出を凝らしている。

 自然公園財団登別支部が登別温泉を訪れる観光客を出迎えよう―と、同支部が管理する登別パークサービスセンター出入り口に、「鬼っこ雪だるま」を飾っている。「ようこそ登別地獄谷へ」と記された台座に立つ。名前の通り、頭に角が生えた鬼仕様。マフラーも巻いている。雪のない国・地域から訪れた観光客たちに特に好評で、雪に触れたり記念撮影に納まる光景が見られるという。

 昨年12月からは、観光客自ら作った雪だるまも登別園地内で見られる。頭部に葉を飾ったり、木の枝で髪の毛や口などを表したりとユニークな作り。北海道ならではの冬の観光地巡りを思い思いに堪能している。

 年明け後に雨に見舞われたことで、雪だるまは撤去し、11日に同センター前に新たに設けた。オレンジ色のマフラーを身に着け、にっこり笑顔で観光客を出迎える。高さは約50センチほど。階段に大人が座って並ぶとほぼ同じ高さになる。一緒に記念撮影を楽しむ姿もあり、インスタ映えしそうな光景だ。
(石川昌希)

【写真=記念撮影に引っ張りだこの「鬼っこ雪だるま」




◇ 主な地域のニュース

☆ 室蘭・レストハウスアイランド、観光案内所に向け準備
☆ 室工大でもきょうからセンター試験、本番に備え下見
☆ 室蘭・母恋駅の案内板リニューアル、多言語化に対応
☆ 室蘭ナツメロ好友会が例会300回を達成、歌声に熱
☆ 伊達・黄金小で室内雪合戦、みんな熱中し楽しむ
☆ 豊浦のホタテ釣り予選記録会、あすまで参加者募集
☆ 上村牧場が白老牛「上物率」100%を初達成
☆ 笑顔の春へ第一関門、室工大などでセンター試験始まる