■ 室蘭・母恋駅の案内板リニューアル、多言語化に対応
【2018年1月13日(土)朝刊】

多言語化したJR母恋駅の案内板
 JR北海道は、室蘭市母恋北町のJR母恋駅構内の案内板をリニューアルし、多言語化した。乗り換え案内や地球岬までの観光案内情報を掲示し、外国人観光客の利便性を向上させた。

 看板は待合室や駅のホームに設置。日本語をはじめ、英語、中国語の繁体字と簡体字、韓国語に対応している。

 地球岬を訪れる外国人観光客が多い点に着目し、地球岬までの所要時間を掲載した表示も用意。乗り換え案内も、これまでは近隣のみだったが、札幌や洞爺方面への案内も拡大した。トイレのサインも分かりやすくした。

 同社は「母恋駅をご利用になる外国人のお客様が乗り場を間違えず、スムーズにご利用いただけるよう案内サインを今秋設置しました」と述べ、外国人のご利用が多い駅を中心に案内サインの多言語化や外国語放送の実施など、今後も受け入れ態勢の整備を進める考え。
(池田勇人)

【写真=多言語化したJR母恋駅の案内板




◇ 主な地域のニュース

☆ 室蘭・レストハウスアイランド、観光案内所に向け準備
☆ 室工大でもきょうからセンター試験、本番に備え下見
☆ 室蘭ナツメロ好友会が例会300回を達成、歌声に熱
☆ 登別地獄谷ににっこり笑顔の「鬼っこ雪だるま」登場
☆ 伊達・黄金小で室内雪合戦、みんな熱中し楽しむ
☆ 豊浦のホタテ釣り予選記録会、あすまで参加者募集
☆ 上村牧場が白老牛「上物率」100%を初達成
☆ 笑顔の春へ第一関門、室工大などでセンター試験始まる