■ 伊達・近江家具店に優雅な彩り、ひな人形コーナー開設
【2017年12月25日(月)朝刊】

優雅なひな人形が並ぶ近江家具店の特設コーナー
 伊達市長和町の近江家具店(近江文夫社長)は24日、ひな人形の展示、販売を開始した。毎年、年末の大安吉日に特設コーナーを開設しており、女の子の健やかな成長と幸せを願う人形が年の瀬の店頭に優雅な彩りを添えている。

 同店は創業114年を誇る老舗家具店。ひな人形は約40年前から取り扱いを始め、今年も国内一流メーカーのマル武人形(埼玉県鴻巣市)、秋田人形会館(秋田県秋田市)などの新作約40セットを並べた。

 友禅織や金彩刺しゅうの着物をまとった上質な親王飾りや三段飾りが主流で、官邸雛(びな)の「正絹輪奈唐織座り雛」も飾られている。人形と道具を自由に組み合わせたり、思い出の着物や帯を使ったオリジナルのひな人形作りも承っている。

 売れ筋は15〜20万円前後。子どもの名前の刺しゅうと干支(えと)などの押し絵をあしらったアトリエ童夢(茨城県古河市)の「招福名前旗」も人気が高い。同店では1〜2月上旬を売り上げのピークと見込んでいる。問い合わせは同店、電話0142・23局6587番へ。
(山本浩)

【写真=優雅なひな人形が並ぶ近江家具店の特設コーナー




◇ 主な地域のニュース

☆ 旧輪西村に入植し室蘭開拓の祖・添田龍吉の足跡学ぶ
☆ ぴっころL室蘭地区第7節で「鷲別WHM B」が優勝
☆ 室蘭の吹奏楽祭で15団体が自慢の演奏高らか
☆ 室蘭・牧羊館で気合込め餅つき、一年振り返り納会
☆ 登別マリンパークのサンタ姿「キンちゃん」と記念撮影
☆ 伊達地区弓道連盟納射会で一年の稽古の成果披露
☆ 四季のライチョウ美しく、苫小牧で高橋さんが写真展
☆ 室蘭聾学校と東翔高がお楽しみ会で和やか交流