■ 室蘭港崎守埠頭の新ガントリークレーンが稼働開始
【2017年12月16日(土)朝刊】

ガントリークレーンの供用式で記念撮影する関係者=15日、室蘭港崎守埠頭
 室蘭港崎守埠頭(ふとう)で15日、港湾荷役機械・ガントリークレーンが稼働を開始した。老朽化に伴う更新。既存のクレーンに比べ約1・4倍の荷役能力がある。港の機能を強化し、隔週寄港の国際定期コンテナ航路(室蘭―韓国釜山)の増便や新規誘致を後押しする。同日、現地で安全祈願祭と供用式が行われ、関係者が新クレーンの完成を祝った。

 新クレーンは三井造船大分工場で製造。事業費約8億8千万円。高さ約55メートル、重さ約670トン。クレーンの腕となるブームを上げた時の高さは80・2メートル。荷役速度は分速50メートルで既存クレーンに比べ「大幅に作業効率が高まる」(市港湾部)。

 クレーンが大型化したことで現在の1万2千トン級から3万2千トン級の船舶まで対応。コンテナを運ぶ範囲は、これまでの奥行き横10列高さ3段から、横13列高さ5段に向上する。カラーリングは周辺景観に配慮し、「室蘭マリンブルーカラー」に塗装し、最上部に市のマスコットキャラクター「くじらん」の絵を描いた。

 稼働初日は、安全祈願祭を実施。供用式で室蘭港湾管理者の青山剛市長は「コンテナ航路数の増加、ウイークリー化が実現できるよう市として精いっぱい努力してまいりたい」と述べた。

 来賓の眞田仁北海道開発局港湾空港部長は「新たなクレーンが供用されることで作業時間短縮に伴う物流コストの低減が可能となり室蘭港コンテナ航路がより活発に活用され地域の発展につながる」と期待した。

 青山市長、眞田部長、高麗海運ジャパン李尚禹代表取締役、成田俊彦室蘭港湾振興会会長が荷役を始めるボタンを一緒に押し、今後の航路の安定やコンテナ取扱量増加などを願った。

 現役大型クレーンとしては「国内最古」とされていた旧クレーンはこの日で「退役」した。1970年(昭和45年)に完成し横浜港で使用。同埠頭第6バースコンテナターミナル供用に合わせ、97年(平成9年)に市が無償で譲り受けた。
(粟田純樹)

【写真=ガントリークレーンの供用式で記念撮影する関係者=15日、室蘭港崎守埠頭】




◇ 主な地域のニュース

☆ 手作り年賀状を園児らが投函、室蘭でも受け付け始まる
☆ 3小学校の統合校・室蘭市立白蘭小が完成、あす見学会
☆ 登別・望月製麺所で年越し用のそば作りが急ピッチ
☆ 災害時にらみLPガス貯蔵、登別・鷲別小が先進事例に
☆ 伊達消防署が年末年始控え大型店を巡回、防火態勢確認
☆ 豊浦町と壮瞥町のフォトコンテストの入賞作品が決まる
☆ パン作り全国大会で白老・「ななかまど」の3人が優勝
☆ 室蘭・いずみ会が具材いっぱいピザ作り、親子で楽しむ