■ 朗々と35周年祝う、道南岳風会白老支部が吟道大会
【2017年12月7日(木)朝刊】

合吟や独吟、連吟、構成吟が披露された吟道大会
 白老町文化団体連絡協議会主催の第36回吟道大会が3日、町中央公民館で開かれ、約80人が日ごろの錬成の成果を披露した。

 日本詩吟学院道南岳風会白老支部(兼近岳鋭支部長)創立35周年を記念して開かれた。ステージの最初は華道吟。和服姿の女性が花を生け、数人による詩吟が響き渡った。このほか独吟、連吟、構成吟「根性の人『浅利義一』を讃(たた)えて」が会場を包んだ。賛助出演のアイヌ民族博物館職員が古式舞踊を披露した。

 式典では兼近支部長があいさつ、来賓が祝辞を寄せた。創立から35年の歩みを年表にしたプログラムが配布されたほか、大会後の祝賀会では節目の年を喜び合い、交流を深めた。
(富士雄志)

【写真=合吟や独吟、連吟、構成吟が披露された吟道大会




◇ 主な地域のニュース

☆ 室工大公認の「ジンギスカン鍋クッキー」2種類販売
☆ 笑顔「大盛り」…室蘭市内で子ども食堂広がる
☆ 室工大ウエイトリフティングの中尾が全道2連覇
☆ 室蘭・海星学院高にサッカー部誕生へ、同好会から昇格
☆ 道陶芸協会・シニア展で登別の辻さんと柏木さんが入賞
☆ 伊達市総合計画に住民の声を、大滝区皮切りに懇談会
☆ 壮瞥のオロフレスキー場22日オープンへリフト取り付け
☆ しばれる「大雪」…胆振10地点で今季最低気温