■ しばれる「大雪」…胆振10地点で今季最低気温
【2017年12月7日(木)夕刊】

風もなく穏やかな冬景色が広がる室蘭港。冷え込みは厳しさを増している=7日午前8時30分、室蘭市海岸町
 きょう7日は二十四節気の一つ「大雪」。上空に強い寒気が入り込んだ胆振地方では、厚真をのぞく10観測地点で氷点下4・5〜17・9度の今季最低気温を観測。厳しい冷え込みに見舞われた。

 室蘭地方気象台によると、各地の最低気温は穂別氷点下17・9度(平年氷点下8・2度)、豊浦大岸同13・3度(同4・7度)登別同9・5度(同3・6度)で冷え込んだ。室蘭市内も同4・5度(同0・7度)と1月下旬並みの寒さとなり、市内ではいたる所で路面が凍結し、ドライバーが速度を落として慎重に走行した。

 きょう夕方以降は雪が降る可能性が高く、道路状況の悪化や水道の凍結などに注意を呼び掛けている。
(西川悠也)

【写真=風もなく穏やかな冬景色が広がる室蘭港。冷え込みは厳しさを増している=7日午前8時30分、室蘭市海岸町】




◇ 主な地域のニュース

☆ 室工大公認の「ジンギスカン鍋クッキー」2種類販売
☆ 笑顔「大盛り」…室蘭市内で子ども食堂広がる
☆ 室工大ウエイトリフティングの中尾が全道2連覇
☆ 室蘭・海星学院高にサッカー部誕生へ、同好会から昇格
☆ 道陶芸協会・シニア展で登別の辻さんと柏木さんが入賞
☆ 伊達市総合計画に住民の声を、大滝区皮切りに懇談会
☆ 壮瞥のオロフレスキー場22日オープンへリフト取り付け
☆ 朗々と35周年祝う、道南岳風会白老支部が吟道大会