■ 室蘭商議所が22日に中学生対象の建設業PR事業実施
【2017年10月13日(金)朝刊】


 人手不足が課題となっている建設業の担い手対策として、室蘭商工会議所は22日、中学生を対象にした新規のPR事業を実施する。プロも参加して行うだんパラキャンプ場のバーベキュー施設修繕体験などを通じ、業界の魅力をアピールする。参加無料で参加者募集中。

 将来の建設業界を支える人材育成を目的にした事業「匠(たくみ)教室」で、建設業部会が担当。実際に会員企業が持つ技能や技術を紹介しながら、社会を支える業界の魅力や醍醐味(だいごみ)を伝え、職業選択の参考にしてもらおう―と企画した。

 時間は午前9時から午後4時まで。海岸町のむろらん広域センタービルにある商議所会議室で、会員企業の施工事例などを紹介。だんパラ移動後は昼食(ロッジで焼き肉食べ放題)前後の約4時間、バーベキュー施設の木製椅子修繕などを予定している。

 当日は同ビルの室蘭信用金庫側玄関前に午前8時45分までに集合を。定員は24人で、希望者は19日までに室蘭商議所、電話0143・22局3196番に連絡するとよい。詳細は担当の羽澤さんへ。
(鞠子理人)




◇ 主な地域のニュース

☆ 室蘭地方新聞コンクールが17日からモルエ中島で展示
☆ 室蘭市の管理栄養士・福原さんが晴れの厚労大臣表彰
☆ 室蘭で14日に朗読会と夢輝のあさんの特別ライブ開催
☆ 登別市市民自治推進委6部会の健康テーマ事業が好評
☆ 伊達の須藤建設が来年6月にニセコ支店を開設
☆ 洞爺湖の交通安全PG大会で100人が撲滅願う
☆ 14日に三重県の「和牛サミット」で白老牛をPR
☆ 海外の船員教育関係者らが室蘭・日鋼鍛刀所を見学