■ 室蘭・白鳥台と陣屋小で最後の学芸会、劇や歌を堂々と
【2017年10月12日(木)夕刊】

心を一つに合唱をする白鳥台小の児童ら
 来年4月に開校する白蘭小学校に統合される、室蘭市白鳥台小学校(橋本誠司校長、123人)と陣屋小学校(久保順平校長、14人)の最後の学芸会が7日、それぞれの体育館で行われた。児童らは練習を重ねた演劇や歌を、保護者らに堂々と披露した。

 白鳥台小では、学年ごとに劇や歌に取り組んだほか、全員で校歌と「翼をください」を合唱。透き通った歌声が会場に響いていた。
太鼓の音を体育館いっぱいに響かせた陣屋小の児童ら
 陣屋小でも劇や歌のほか、職員らも加わり伝統の太鼓を全員で披露。迫力のある「音の波」にのまれた聴衆からは、アンコールの声が上がっていた。

 本室蘭小では21日に行われる。
(西川悠也)

【写真=心を一つに合唱をする白鳥台小の児童ら(上)、太鼓の音を体育館いっぱいに響かせた陣屋小の児童ら(下)




◇ 主な地域のニュース

☆ 西胆振の美しい外海岸を「日本遺産」認定目指す
☆ 西胆振3商議所が全国きらり輝き観光振興大賞で奨励賞
☆ 室蘭市体協スポーツサークルで健康づくり、女性いい汗
☆ 登別縄文どきどきまつりで火おこし体験、子どもら夢中
☆ 伊達の防犯ボランティア研修会で登別の活動学ぶ
☆ 洞爺湖の木藤さんがパワーリフティング大会で全国へ
☆ 白老のペンションを改修し14日に民宿「元和や」開業
☆ 駒大苫が神宮大会、甲子園に向け「日本一目指す」