■ 鐵の素クッキーのパッケージ一新し室蘭をアピール
【2017年9月13日(水)朝刊】

リニューアルした「鐵の素クッキー」のパッケージ
 室蘭工業大学(空閑良壽(くがよしかず)学長)公認の室蘭土産「鐵(てつ)の素クッキー」のクラフト箱(15個入り)のパッケージがリニューアルされた。高炉と棒線のイラストが描かれ、室蘭の製鉄業をアピール。これまで箱にラベルを手作業で貼っていたが、デザインを直接印刷することで梱包(こんぽう)時間の短縮が見込まれる。

 室蘭テクノセンターの助成金を活用した。デザインは市内中島町在住のイラストレーター・朝路真弓さんが担当。朝路さんは「100年以上の歴史がある室蘭の製鉄業や鉄の重厚さをイメージして、手描きにこだわった。たくさんの人に室蘭をアピールできれば」とデザインに込めた思いを語った。

 外国人観光客を意識し、日本語のほか英語で商品名と菓子の内容を記載し、室蘭の鉄と同大の歴史を紹介している。箱の大きさもコンパクトになった。同大の大学生協から順次、新パッケージに切り替えている。ブリキ箱や黒箱入りについてもリニューアルを検討している。

 また、製造元のナニナニ製菓(中島町、庭山貴行店主)は、同大と室蘭市の仲介で梱包作業などを就労継続支援B型施設、わく・WORKランタナ(東町)に委託した。庭山店主は「パッケージの変更が一層の室蘭PRになればうれしい」と話している。
(池田勇人)

【写真=リニューアルした「鐵の素クッキー」のパッケージ




◇ 主な地域のニュース

☆ 室信ATMで詐欺防止策、70歳以上対象に限度額0円
☆ 室蘭・蘭西ギャラリーなどで昨年の撮りフェス作品展示
☆ 室工大祭で白糠町とコラボの「ラムバーガー」23日販売
☆ 登別・三愛千壽まつりで太鼓やダンス、イベント盛況
☆ 伊達市がサントリーと連携しワインの産地目指す
☆ 豊浦の“秘境小幌”フォトコン11月6日まで作品募集
☆ 樽前山の防災考えよう、10月に苫小牧でフォーラム
☆ 科学の祭典室蘭大会で製鉄技術実演、子どもたち熱視線