■ 巡視船“航海”に感激、室蘭海保の「れぶん」一般公開
【2017年7月31日(月)朝刊】

巡視船れぶん一般公開で操だ室に興味津々の見学者
 室蘭海上保安部の巡視船れぶん(田代英己船長、1250トン)の一般公開(同海上保安部主催)が30日、室蘭港フェリーふ頭耐震岸壁で行われた。親子らは船内の操だ室や甲板からの初めての景色に夢中で見入っていた。

 れぶんは、昨年9月に巡視船えともが役目を終えたのに代わり配属となった。海上保安庁の業務に理解を深めてもらおう、とむろらん港まつりの開催に合わせて実施した。同船の見学会は今回で2回目。甲板に立った市民らは普段とは違う、海上から見る室蘭のまち並みに「見渡しが良くてきれいだね」と感激した様子だった。

 操だ室を見学した親子らは興味津々。札幌市中央区から遊びに来ていた今多奏太君(5)は早速、船長の椅子に座り「最高です。いつか船長になりたい」と目を輝かせていた。

 この日の午前中には体験航海も行われた。
(西川悠也)

【写真=巡視船れぶん一般公開で操だ室に興味津々の見学者




◇ 主な地域のニュース

☆ むろらん港まつりでフェリー就航見据え高まる機運
☆ 室蘭で「よさこい」有終の舞、17チームが出場
☆ 「室蘭やきとり」駅弁が誕生、東室蘭駅構内で販売
☆ 登別東町第三町会まつりの子どもみこし威勢よく
☆ 自由研究にぴったり…登別で2、9日に夏休み体験広場
☆ 洞爺夏まつりの主役は勇壮「ちょうさ」、人出呼ぶ
☆ ボランティアをやろう、白老町社協が町内各所で体験会
☆ 室蘭の中学生が自然や環境を英語で世界に発信