■ のぼりべつ夏祭りで閻魔やきそばの早食い盛況
【2017年7月24日(月)朝刊】

閻魔やきそばを頬張る早食い大会の参加者たち
 登別の夏を代表するイベント「第5回のぼりべつ夏祭り〜いぶり食と文化の祭典」(同実行委員会主催)は最終日の23日、桜木町の川上公園で登別閻魔(えんま)やきそばの早食い大会などが行われ、大勢の家族連れらを楽しませた。

 この日のメインイベントは「閻魔やきそば地獄の早食い自慢」。市民ら約20人が参加し、1人焼きそば3パック分で競った。中には激辛ソース入りの焼きそばもあり、それをつかんでしまった参加者は辛そうな表情を見せながら必死に頬張った。

 このほか、カラオケ大会や大抽選会なども行われ、来場者の熱気があふれる中、幕を下ろした。
(高橋紀孝)

【写真=閻魔やきそばを頬張る早食い大会の参加者たち




◇ 主な地域のニュース

☆ 室蘭で「でんじろうショー」親子ら1200人が大興奮
☆ 25日は土用の丑の日、室蘭の料理店で仕込み500食
☆ 戦車試乗に行列、登別の陸自幌別駐屯地を一般開放
☆ 登別・鉄南ふれあいフェスで露店や多彩な催し満喫
☆ 伊達・太陽の園で陶芸やレクリエーション楽しみ交流
☆ 消防署と各支署が連携確認、豊浦で合同火災実践訓練
☆ 苫小牧の親子50人がハスカップ摘みに笑顔
☆ 室蘭西中1年生が港の文学館見学など通し古里に理解