■ むろらん広域センタービルにむかわ竜のパネル展示
【2017年7月19日(水)朝刊】

胆振管内の貴重な財産「むかわ竜」を紹介するパネル展
 むかわ町穂別で発掘された「ハドロサウルス科恐竜(通称・むかわ竜)」の化石標本などを紹介するパネル展が18日から、室蘭市海岸町のむろらん広域センタービルで始まった。国内最大の全身骨格恐竜化石を紹介するパネルなどが、注目を集めている。今月28日まで。

 管内の貴重な観光資源をPRするのが目的で、今月17日の「北海道みんなの日(愛称・道みんの日)」に合わせた企画。会場には、2013年(平成25年)9月からの第1次発掘や、14年9月からの第2次発掘の様子、全身骨格の解説などのパネル計8枚のほか、むかわ町がまとめたパンフレット「むかわ竜・大発見」などを展示している。

 このほか、今年8月5〜20日に行われる「むかわ恐竜アカデミア2017」(むかわ町恐竜ワールドセンター主催)なども、パネルやパンフレットで紹介。来館者は「約7200万年前からの贈り物」に関心を寄せていた。
(松岡秀宜)

【写真=胆振管内の貴重な財産「むかわ竜」を紹介するパネル展




◇ 主な地域のニュース

☆ 室蘭・母恋神社祭典で国際色豊かに学生みこし
☆ 環境科学館が省エネ仕様に、室蘭市が積極的な導入検討
☆ 室蘭・港北保育所で流しそうめん「おいしい」
☆ のぼりべつクマ牧場のアイヌ生活資料館を全面改築へ
☆ 23日に洞爺月浦八幡神社で初のぐらぐらフェス
☆ とうや湖縄文まつりで火おこし体験に悪戦苦闘
☆ 白老・竹浦小グラウンドで天体ショーに感嘆の声
☆ 室蘭・清泉幼稚園の園児が元気いっぱい海水浴