■ 伊達で筋力向上の「はつらつ元気塾」2年目スタート
【2017年5月23日(火)朝刊】

健康カラオケで思い思いに体を動かす参加者
 カラオケと軽運動を組み合わせた「健康カラオケ」を取り入れた伊達市の「はつらつ元気塾」が2年目を迎えた。有珠、黄金地区で本年度の講座が順次始まっている。

 有珠地区の本年度初講座は、会場の有珠地区コミュニティセンター白鳥館に本年度登録した23人のうち、18人が参加。体力測定に続いて、昼食でおなかを満たした後は、座ったままできる健康カラオケを体験した。

 参加者は映像とインストラクターの案内に合わせて、なじみのある童謡のメロディーに乗せて手足を動かし、「慣れてくると楽しい」と表情穏やかに取り組んでいた。

 元気塾は、介護の必要がない65歳以上の市民を対象に、筋力向上や認知症予防を目指している。市街地から離れた両地区で実施、自宅から会場までの送迎もあるため人気がある。市社会福祉協議会が業務委託を受け、本年度は来年2月まで月2回、計20回開催する。
(野村英史)

【写真=健康カラオケで思い思いに体を動かす参加者




◇ 主な地域のニュース

☆ 室蘭港の新たなガントリークレーン12月稼働へ
☆ 民生委員制度100周年、室蘭で9月に式典と祝賀会
☆ 準中型免許新設から3カ月、室蘭で取得呼び掛け
☆ 室蘭で28日にネコの譲渡会、猫カフェも開催
☆ 沖縄県民に登別の名物PR、30日から30商品販売
☆ 伊達聖ヶ丘病院硬式野球部に即戦力新人4人が加入
☆ 宮沢賢治の詩碑が完成、苫小牧で詠んだ「牛」刻む
☆ 自転車の安全利用を、通学の室栄高生に啓発