■ 沖縄県民に登別の名物PR、30日から30商品販売
【2017年5月23日(火)朝刊】

沖縄の百貨店で販売される登別の名物品=合成写真
 沖縄県最大級の百貨店・デパートリウボウ(那覇市)で30日から、登別の名物商品が期間限定で販売される。「北海道グルメマルシェ のぼりべつ特集」と題して、のぼりべつ酪農館と藤崎わさび園、肉のあさひの商品を沖縄県民に売り込む。

 同日から6月5日まで行われる「北海道グルメフェア」の一環として、1階リミテッドステージ、菓子銘店スイーツステージに並ぶ。のぼりべつ酪農館の「のぼりべつ牛乳シュークリーム」「のぼりべつこく(黒)とろーりプリン」、藤崎わさび園の「本わさび漬クリームチーズ」「わさび漬け」、肉のあさひの「鹿肉ジンギスカン」「のぼりべつ豚ハンバーグ」など、3社で約30商品を用意する。

 昨年同県で行われた2016沖縄大交易会に参加したのぼりべつ酪農館の三浦学社長が、友人を介してデパートリウボウの役員と面会。食品担当者らも登別を訪れるなどして、今年3月正式に出展のオファーが届いた。地元の藤崎わさび園、肉のあさひにも声掛けをして、3社で登別が誇る名物を販売する。

 21日に登別市内で行われた「第7回wel.s音楽祭」では、北海道と沖縄のアーティストが出演。飲食ブースでは沖縄名物が販売された。

 三浦社長は「登別と沖縄の交流が深まっている。出演した沖縄出身のシンガー・ユキヒロさんもラジオ番組で紹介してくれるようです。新たなビジネスや文化交流につながれば」と期待する。藤崎わさび園の藤崎一夫店長、肉のあさひの篠島信哉社長も「登別の魅力発信につなげたい」と話している。
(石川昌希)

【写真=沖縄の百貨店で販売される登別の名物品=合成写真】




◇ 主な地域のニュース

☆ 室蘭港の新たなガントリークレーン12月稼働へ
☆ 民生委員制度100周年、室蘭で9月に式典と祝賀会
☆ 準中型免許新設から3カ月、室蘭で取得呼び掛け
☆ 室蘭で28日にネコの譲渡会、猫カフェも開催
☆ 伊達聖ヶ丘病院硬式野球部に即戦力新人4人が加入
☆ 伊達で筋力向上の「はつらつ元気塾」2年目スタート
☆ 宮沢賢治の詩碑が完成、苫小牧で詠んだ「牛」刻む
☆ 自転車の安全利用を、通学の室栄高生に啓発