■ 美しい室蘭を切り取る、プラザμで23日まで写真展
【2017年4月21日(金)夕刊】

さまざまなテーマの作品が並ぶ第42回「全室蘭写真展」
 北海道写真協会室蘭支部(佐々木f支部長)の公募展第42回「全室蘭写真展」が20日、室蘭市山手町のNHK室蘭放送局プラザμで始まった。最高作品賞を受賞した会員の高木妙子さんの作品など、入賞・入選した30点が愛好者を楽しませている。23日まで。

 応募総数は182点。会場には自由なテーマで撮影された作品と、虹が架かる白鳥大橋や雪解けの進むイタンキ浜など室蘭をテーマとした作品が並んだ。

 高木さんの作品タイトルは「未来を目指して!」。晴れ着に身を包んだ新成人の生き生きとした表情が魅力的。来場した女性は「切り取った一瞬が本当にきれい。目の保養になります」と笑顔を見せた。同協会会員による「花」をテーマにした作品13点も展示されている。

 佐々木支部長は「室蘭全体で一般の方も含め撮影技術が向上している。自分で見て楽しむだけでなく、誰かを感動させるような作品を広く発信してほしい」と語った。
(遠田爽平)

【写真=さまざまなテーマの作品が並ぶ第42回「全室蘭写真展」




◇ 主な地域のニュース

☆ 室蘭市町連が若年世帯の加入促進へ知恵絞る
☆ むろみん主催「忙中閑コンクール」の最優秀賞決まる
☆ 室蘭の市民団体が留学生に貸し出し自転車提供に感謝
☆ SL手入れ入念に、室蘭市職員が作業手順学ぶ
☆ 登別・アーニスのガチャガチャで益金、2年で16万円
☆ 暴風雨で胆振西部の農業ハウス損壊384棟
☆ 洞爺湖・有珠山火口散策路が冬季の閉鎖終え一般開放
☆ 白老の日本航空専門学校で5月ドローンスクール開講へ