■ 伊達市開拓記念館庭園に春の陽気、エゾリスひょっこり
【2017年4月8日(土)朝刊】

開拓記念館庭園の樹木の間から顔を出すエゾリス
 日に日に春らしくなる胆振地方。伊達市梅本町の市開拓記念館庭園内では、陽気に誘われるようにエゾリスが活発に姿を見せ、訪れる市民らを楽しませている。

 エゾリスは真っ黒なつぶらな瞳が印象的。大きなしっぽを振りながら木から木へ素早く移動。時には地面に降りフクジュソウの群生を駆け抜けるシーンも。

 同庭園では、今年は3月中旬にフクジュソウ、同下旬にはミズバショウが咲き始めた。カメラ片手に散策する市民らが草花にうっとりしリスに歓声を上げていた。

 また同記念館近くの道路には「リスとび出し注意」の珍しい看板もあり面白い。
(奥村憲史)

【写真=開拓記念館庭園の樹木の間から顔を出すエゾリス




◇ 主な地域のニュース

☆ 森―室蘭航路に熱視線、旅行会社が商品強化
☆ 三好製作所室蘭工場が保冷剤一体型ランチボックス発売
☆ 独居高齢者増加で室蘭市社協が市民後見人を育成へ
☆ 室蘭の魅力を名刺でPR、観光協会が台紙を販売
☆ 登別・鷲別小の校舎も児童もピカピカ、52人が入学
☆ 壮瞥の入浴施設・来夢人の家がリニューアルオープン
☆ しらおいイオル新事務所チキサニが8日再開
☆ 看護の道へ第一歩、市立室蘭専門学院で入学式