■ 登別・旧天華園の解体進む、跡地にメガソーラー建設
【2017年1月27日(金)朝刊】

解体工事がスタートした旧天華園。メガソーラー施設が建設される
 登別市の旧テーマパーク「天華園」(上登別町)の解体工事がいよいよ1月から、開始された。中国系のSJソーラー北海道(札幌、史輝社長)が、大規模太陽光発電所(メガソーラー)を建設する。2018年(平成30年)6月からの売電開始を計画している。

 天華園は当時の運営会社が60億円を投じ、1994年4月にオープンした。中国から資材を取り寄せ、古い宮廷庭園の雰囲気を演出。高さ40メートルの五重塔や雑伎団公演、本格的な中華料理が人気を集めた。

 登別の4大テーマパークの一角として、初年度は27万人の入り込みを記録したが、徐々に来場者が減少。97年に市が施設を無償で借り受け、別会社に運営を委託したが軌道に乗せることができず、99年11月に閉鎖した。

 SJ社は、関連会社のノースエナジー(東京)が取得した天華園敷地と周辺の林野を含む73ヘクタールのうち、26ヘクタールを利用し、太陽光パネルを設置する。計画出力は1・8万キロワットで日本最大級の蓄電池も備える。

 北電や行政機関などとの手続き関係、地域住民との同意も順調に進めており、今年1月からは解体作業に着手した。

 現地では重機が盛んに作業を進めており、立派な太い木製柱などのがれきが山積みになっている。建物は五重塔など数棟をわずかに残すばかり。

 土木工事や森林の伐採は3月から12月までを予定するが、並行して6月からは太陽光パネルの設置工事も進め、来年6月の売電開始を目指していく。
(鞠子理人)

【写真=解体工事がスタートした旧天華園。メガソーラー施設が建設される




◇ 主な地域のニュース

☆ 室蘭市が在宅勤務の可能性探る、職員から懸念の声も
☆ 室蘭で2月5日劇団ユニットブルージュが演技など伝授
☆ 日本での生活満喫、大谷室蘭高に豪州から2留学生
☆ 住民が学校運営に参加、伊達東小トップ切り初会合
☆ 16年の伊達署管内特殊詐欺被害は957万円
☆ 2月は白老牛を食べよう、町内外で割引やイベント
☆ 苫小牧のホッキ漁獲量16年連続日本一、15年685トン
☆ 室蘭・桜蘭中で3小の6年生が模擬授業体験