■ 今年の安全運航祈願、洞爺湖汽船が伝統の「船魂祭」
【2017年1月12日(木)朝刊】

今年一年の安全運航を祈願する関係者=11日午前11時半すぎ、洞爺湖畔
 洞爺湖で観光遊覧船を運航する洞爺湖汽船(洞爺湖温泉、大西英生社長)は11日、漁業者や海運業者が毎年同日に開催している伝統の「船魂祭」を開き、今年一年の安全運航を願った。

 湖畔に面した造船場で行われ、陸揚げされた遊覧船「高速2000」の前に祭壇を設け、温泉街の観光関係者を中心に約30人が神事で玉串をささげた。

 引き続きホテルグランドトーヤで開かれた懇親会で、大西社長は「昨年は売り上げ目標を達成することができた。乗船客の65%以上が訪日客で、観光産業は海外の政治経済や円相場が影響する。新たにマレーシア、シンガポールを開拓し、揺るぎない経営体制を確立したい」と述べた。

 遊覧船は現在、中島に下船をしない冬季運航中。運航時間は午前9時〜午後4時。4月中旬から夏季運航に移行する。
(野村英史)

【写真=今年一年の安全運航を祈願する関係者=11日午前11時半すぎ、洞爺湖畔】




◇ 主な地域のニュース

☆ 受験生に春を、室蘭と登別で「合格祈願」グッズ続々
☆ 室蘭でひな人形の販売本格化、コンパクトなタイプ主流
☆ 室蘭・桜蘭中バレー部の中村が道選抜で奮闘
☆ 室蘭シャークスが練習始め「全国代表権目指す」
☆ 登別市郷土資料館に展示のトドマツ、文化財指定を答申
☆ 伊達のノルディックウオーキング学校が魅力と効果発信
☆ 火災防止誓い決意新たに、白老で消防出初め式
☆ 受験や進級気持ち新た、室蘭・翔陽中で始業式