■ 登別マリンパークが関空で押収の密輸トカゲ展示
【2016年11月23日(水)朝刊】

マリンパークに仲間入りしたコガネオオトカゲ
 登別マリンパークニクス(登別市登別東町)は22日、関西国際空港で押収されたコガネオオトカゲ2匹を受け入れた。きょう23日から陸族館で展示する。

 今回、受け入れたコガネオオトカゲは、インドネシア・スーラ諸島の固有で、ワシントン条約の規制対象種。幼体は黒い体色に頭部は黄色で、胴体や尾には黄色の斑点がある。成長に伴い黄色い斑点が大きくなり、色彩も鮮やかになる。

 今年8月にタイから密輸され、同空港で3匹が押収。9月に日本動物園水族館協会がホームページで収容先を探していたところ、同館が手を挙げ、2匹を受け入れた。

 22日夕、同館に到着した2匹のコガネオオトカゲは、体長約40センチで生後1年ほどの個体。展示用水槽に放された2匹は、最初は動かなかったがすぐに水槽内を歩き回った。

 は虫類担当の荒谷英男さんは「環境に慣れてくれるか心配だが、ぜひ多くの方にきれいな体色を見てほしい」と来館を呼び掛けている。
(高橋紀孝)

【写真=マリンパークに仲間入りしたコガネオオトカゲ




◇ 主な地域のニュース

☆ 室蘭市、新市場の計画地について現在地で具体化検討
☆ 室蘭演奏家協議会記念コンサートに向け追い込みの練習
☆ 室蘭市で胆振・優秀技能者表彰式、25人の功績たたえる
☆ 室蘭市「航空写真に写りませんか」─29日以降に撮影
☆ 伊達で27日にチャリティー演奏会「龍響祭」120人出演
☆ 伊達市達南中卒業生が閉校前に講演、ピアノ演奏も
☆ 白老町立図書館にXマスコーナー、来月2日お話し会