■ しらおい港まつり開幕〜花火や露店…元気まち彩る
【2016年7月31日(日)朝刊】

そぞろ歩きで露店巡りを楽しむ町民ら
 2016元気まちしらおい港まつり(同実行委主催)が30日、2日間の日程で白老港・インカルミンタル前広場を主会場に開幕した。家族連れらは花火大会や虎杖浜越後踊り、しらおい元気まち音頭踊りパレード、陸上自衛隊第7音楽隊による吹奏楽演奏、露店巡りなどを楽しんだ。

 オープニングセレモニーで熊谷威二実行委員長が「2020年に国立アイヌ民族博物館が白老に開設されます。それを全町はもとより全道、全国に発信する港まつりです。町民同士の調和、連携、絆が一層深まって多文化共生につながれば」とあいさつ。戸田安彦町長もあいさつを寄せた。

 最終日の31日は「食材王国しらおい」を発信する朝市、まるごと港市場が白老牛焼き肉、海鮮焼き、牛肉加工品、毛ガニ、サラガイ、ホッキガイなどを格安提供する。ステージでは白老町観光大使のKiKiさんのコンサート、象徴空間PRブースではアイヌの伝統食・オハウの無料配布など多彩なイベントが組まれている。
(富士雄志)

【写真=そぞろ歩きで露店巡りを楽しむ町民ら




◇ 主な地域のニュース

☆ むろらん港まつり2日目〜ねりこみ港都に熱気
☆ 道の駅みたら室蘭で岩手・宮古物産展―食や観光をPR
☆ 室蘭のチームと熱戦〜福島の子どもたち夏休み合宿
☆ 登別で食育おやこ料理教室、ピザやサラダに挑戦
☆ 伊達むちゃ祭りにぎわう〜初開催ムチャリンピック
☆ 伊達でリアリズム絵画セミナー、写実表現に磨き
☆ 苫小牧アートフェス―ステージ発表や作品鑑賞楽しむ