■ 30日からしらおい港まつり、食材王国をアピール
【2016年7月29日(金)朝刊】

しらおい港まつり開幕を告げる大型看板
 2016元気まちしらおい港まつり(同実行委主催、室蘭民報社など後援)が、あす30日から2日間、白老港インカルミンタル前広場をメイン会場に開かれる。今年も食の格安提供はじめ、多彩なイベントが組まれている。

 「民族共生象徴空間開設決定記念」と銘打った。30日は午後5時から陸上自衛隊第7音楽隊による吹奏楽演奏、同5時40分からオープニングセレモニー。白老町無形民俗文化財の虎杖浜越後踊り、しらおい元気まち音頭パレードの後、同8時から花火大会。雨天の場合は31日に順延になる。

 31日は「食材王国しらおい」をアピールするイベントが満載。朝市、まるごと港市場は白老牛焼き肉、海鮮焼き、牛肉加工品、毛ガニ、サラガイ、ホッキガイ、米(たんとうまい)などを格安提供する。

 アイヌ民族の伝統食・オハウは先着300食を無料配布する。野菜・サラガイのつかみどり大会、豪華景品の引換券が当たりの餅に入っている餅まき大会などもある。

 室蘭開発建設部の港湾業務艇「はやぶさ」による「みなと見学会」は午前、午後それぞれ5回航海する。リサイクル市とフリーマーケットは午前10時から午後2時まで港公園汐音広場で開催、小型家電を無料回収するほか32店舗が出店する。陸上自衛隊車両公開、消防・交通防災ブース、白老港の役割を紹介するパネル展なども予定されている。

 ステージでは町内の園児によるコンサート、白老民俗芸能保存会によるアイヌ民族の伝統楽器・ムックリ演奏と古式舞踊、白老町観光大使・KiKiさん、はかまだ雪絵さん、美咲じゅん子さん、栗原ちあきさん、女性4人組のタッチのコンサートなどが繰り広げられる。

 両日ともまつり会場と町内各所を結ぶ無料の臨時シャトルバスが運行される。同実行委は「会場内へのペットの持ち込みやドローンの飛行は遠慮ください」と呼び掛けている。
(富士雄志)

【写真=しらおい港まつり開幕を告げる大型看板




◇ 主な地域のニュース

☆ 胆振総合振興局がジオパークスタンプラリーPR
☆ むろらん港まつりきょう開幕、70回祝い多彩に
☆ 室蘭でにぎわう蘭西「思い出展」1400枚超展示
☆ アオザメ揚がった、室蘭沖でカニかごに掛かる
☆ 登別の柏木さんと成澤さんが道陶芸展で笑顔の入賞
☆ 伊達で30日から「むちゃ祭り」ムチャリンピック初企画
☆ 29日から有珠山山頂夜まつり、レーザーショー開催
☆ キーホルダーできた、室蘭でものづくり体験バスツアー