■ 洞爺湖温泉開湯100年の節目祝いモニュメント除幕
【2016年7月25日(月)朝刊】

切手を模したフレームに入り記念写真に納まる関係者
 洞爺湖温泉の開湯100年感謝祭の最終日は24日、節目を記念して制作したモニュメントの除幕式を、温泉街の遊覧船乗り場に近い、湖畔沿い広場で開いた。

 モニュメントは高さ約3メートル、横4・2メートルのステンレス製で、消印を押した切手をイメージした。洞爺湖と中島、羊蹄山をフレームに収めた記念写真を撮影できる。温泉街に整備された無料公衆無線LAN「Wi―Fi」を利用して、国内外に気軽に発信してもらうことを狙った。さっそく親子連れらが、フレームに入り写真に納まっていた。

 除幕式に先立つ式典では、真屋敏春洞爺湖町長が、火山と共生した100年を振り返り、「未来に向かって観光振興を推し進める」とあいさつ。来賓の姉妹都市・神奈川県箱根町の山口昇士町長は昨年、箱根山などの火山活動が活発化した際の洞爺湖町の支援に感謝し、「日本を代表する温泉観光地としてともに発展していきたい」、高橋はるみ道知事は「150年、200年と歴史を重ね発展を遂げてほしい」と祝辞を述べた。

 祭り会場では夏空の下、マイムマイムなど多彩なプログラムが繰り広げられ、終日にぎわった。ロングラン花火大会終了後には大玉水中花火の5連発で、2日間の祭典を締めくくった。
(野村英史)

【写真=切手を模したフレームに入り記念写真に納まる関係者




◇ 主な地域のニュース

☆ 室蘭・イタンキ浜海水浴場オープン、遊泳禁止でも満喫
☆ 室蘭で鉄人舟漕ぎ白熱レース「グラッツェ日鋼」初V
☆ 室蘭の観光ボランティアガイド協が来年2月「満30歳」
☆ 室蘭のがん対策取り組み例紹介、札幌で道内初サミット
☆ 迫力いっぱい戦車試乗、登別・幌別駐屯地が一般開放
☆ 豊浦アイヌ協会が神に祈り先祖を供養、厳かに伝統儀式
☆ 白老町商工会青年部が萩野小訪れ遊具を塗装奉仕
☆ 室蘭・知利別小の昭和32年卒業生が7年ぶり同期会