■ 登別オフロードパークが札内にダートコースを整備
【2016年6月8日(水)朝刊】

整備が進んでいる札内町のコース場
 北日本アース・トレッカー(佐野亮二代表取締役)が運営する登別オフロードパーク(登別市札内町)は、モーターレーベル(札幌市)とタイアップして、同町342の私有地にダートトライアルコースを新しく整備している。道内でも数少ないダート専用コースになり、市内外の愛好家らの人気を集めそうだ。オープンは今年8月を予定している。

 四輪バギーやスノーモービルを取り扱っている佐野代表取締役が「登別からモータースポーツの魅力を発信したい」との思いで計画。「ダート専用のコースが欲しい」との要望もあったことから、地元の地主から土地の提供を受けて、モーターレーベルとタイアップする形でコース整備を始めた。

 コース場は、約2万平方メートルの広さを持ち、もともと企業の埋め立て地のため未舗装で「自然そのままの状態で、立地としては最適」(佐野代表取締役)という。12日には、関係者や愛好家らがコース場を訪れ、試験走行を実施。障害物の設置など、コースの検証を行う。

 モータースポーツのイベント開催やオートキャンプ場も設置する。佐野代表取締役は「登別には温泉があり、泊まりがけで、モータースポーツを楽しんでもらえるのでは」と期待し「地域を活気づけるためにも道内外からリピーター客を呼び込みたい」と意気込む。

 また、コースの完成を前に、7月2日午後3時から、同町のつどいの館で野外コンサート(森の…主催)を実施。室蘭ベンチャーズやTIOガチョンが「ダイヤモンドヘッド」や「結婚しようよ」などのヒット曲を披露する。

 コンサートの入場料は千円で、軽食や飲み物の販売も行う。熊本地震被災地への支援のため、募金箱も設置する。問い合わせは東本さん、携帯電話090・1643・5081へ。
(高橋紀孝)

【写真=整備が進んでいる札内町のコース場




◇ 主な地域のニュース

☆ 室蘭民報連載などまとめたパンフ「がん治療の今」発行
☆ 室蘭栄高新聞局が「18歳選挙権」特集記事を制作
☆ 「さわやかグループホームむろらん」7月1日オープン
☆ 室蘭・入江運動公園陸上競技場2種公認更新へ改修
☆ 特攻命令受けていた伊達の小貫さんが平和願い桜を移植
☆ 豊浦・礼文華観光農園のイチゴ狩りが最盛期
☆ 苫小牧市民ホール基本計画策定へ、2年間で取りまとめ
☆ 室蘭・シルバー人材センターの草刈り依頼が増加