■ 室蘭署が登別東町一町会の2人に人命救助で感謝状
【2016年5月31日(火)朝刊】

佐々木署長から感謝状を受け取る中川会長(右)と鶴田さん
 室蘭署は30日、登別東町一町会の中川信一会長(74)と鶴田昭雄さん(81)に人命救助に対する感謝状を贈った。

 同署によると、鶴田さんは3月31日、同町の1人暮らしの男性(62)宅で、玄関に新聞が1週間分ほどたまり、豆電球が付いたままなのに気付いた。報告を受けた中川会長が110番通報。駆け付けた同署の署員が、台所付近に倒れて意識もうろうとしている男性を発見し、室蘭市内の病院へ搬送。男性は脱水状態だった。現在も入院しているが、命に別条はないという。

 佐々木義文署長から感謝状を受け取った中川会長と鶴田さんは「大事に至らず、ほっとしました。これからも異変があればすぐに気付けるように近所の見守りを強化したい」と話していた。

 同日、北海道警友会室蘭支部の須田貞文支部長からも2人に図書カードが贈られた。
(石川綾子)

【写真=佐々木署長から感謝状を受け取る中川会長(右)と鶴田さん




◇ 主な地域のニュース

☆ 西胆振の3市3町が「生涯活躍のまち」構想推進協を発足
☆ 室蘭・ドリームベーカリーの人気商品を全国に発送
☆ 室蘭水族館初のグッズ・ピンバッジをあすから販売
☆ 登別市がふぉれすとに水力発電設置、児童の学習に活用
☆ 伊達で樹木医ら招き講習会、見た目も考えて剪定を
☆ 壮瞥で2日にワークショップ、まちのブランド考えよう
☆ 白老観光協会が通常総会、象徴空間PRを強化
☆ 室蘭・海星学院高で地元ハワイアンバンドが常夏の音色