■ 登別温泉の夢元さぎり湯がきょうリニューアルオープン
【2015年12月2日(水)朝刊】

きょう2日にリニューアルオープンするさぎり湯
 登別温泉の共同浴場・夢元さぎり湯(登別温泉町)がきょう2日、リニューアルオープンする。1996年(平成8年)の開業以来初の大規模改修を行い、床や天井の張り替えを実施。給湯設備を温泉排湯を使ったヒートポンプシステムに切り替え、省エネ化を図った。

 浴槽からあふれて廃棄されていた温泉水を再利用するため、国の省エネ対策補助を活用したヒートポンプシステムの導入を計画。これに合わせて浴槽や脱衣所の老朽更新に取り組んだ。総事業費は約1億円。11月2日に工事着手した。

 男女の計6浴槽からあふれ出る約35度の排湯を、地下のピットに貯留。これを熱源として利用し、ヒートポンプシステムで沢水を65度まで加温、シャワーなどに利用する仕組み。年間で約800万円分の灯油削減効果を見込む。

 平行して浴室や脱衣所の大規模改修も実施した。老朽化した吸気・排気ダクトの交換や、脱衣所のクロス張り替え、浴場の塗装、タイル張り替えなどを行い、内装を一新した。

 年明けからは営業時間も一部見直す。従来は通年で午前7時〜午後10時だったが、11〜3月の閉店時間を午後9時に見直す。周知期間となる今月は従来通りだが31日のみ午後9時閉店で注意が必要。

 運営法人・登別温泉の竹内芳郎常務取締役は「1カ月間の休業でご迷惑を掛けました。きれいになったさぎり湯で、ゆっくりと登別温泉を味わっていただきたい」と話していた。
(鞠子理人)

【写真=きょう2日にリニューアルオープンするさぎり湯




◇ 主な地域のニュース

☆ 室蘭・御崎に移動式水素ステーション年明け本格構築へ
☆ 買い物して幸運を…室蘭全市で歳末大売り出しスタート
☆ 室蘭・だんパラスキー場のHPリニューアル
☆ 登別マリンニクスでキングペンギンのひなデビュー
☆ 伊達の新末永団地解体進む、跡地利用検討へ
☆ 伊達市内企業の中国人研修生と社員がスポーツ交流
☆ 白老にオリックスのメガソーラー完成、5390世帯分発電
☆ 西胆振の官公庁や企業で冬の節電がスタート