■ JX室蘭製造所の煙突ライトアップスタート
【2014年11月20日(木)朝刊】

点灯をJX室蘭構内で見守っていた関係者や所員らを歓喜させた、180メートル集合煙突ライトアップ
 JX日鉱日石エネルギー室蘭製造所(室蘭市陣屋町、三ツ井克則所長)の180メートル集合煙突のライトアップが19日夕、スタートした。突如現れた室蘭工場夜景の新しいシンボルに、市民に驚きと喜びが広がった。

 同社は石化転換工事を今年7月に竣工(しゅんこう)。最後に残った工事がライトアップだった。煙突には36基のLED(発光ダイオード)照明を設置した。同日、同所構内で関係者を招いたセレモニーが行われ、三ツ井所長は「生産性に寄与しない投資の決定は企業としてできないでいた」とし、地元の強い要望で実現できたと笑顔で語った。

 この日まで日中の点検のみで、誰も夜の姿は見ていなかっただけに、間近に浮かび上がった室蘭マリンブルーの煙突に、来賓や所員らは「すごい」と息をのんでいた。散歩中だった白鳥台に住む元日鋼マン(72)は「煙突が明るくてきれいで、港の風景に映える」とくぎ付けだった。ライトアップは日没前から午前0時まで。
(粟島暁浩)

【写真=点灯をJX室蘭構内で見守っていた関係者や所員らを歓喜させた、180メートル集合煙突ライトアップ




◇ 主な地域のニュース

☆ 室蘭のエア・ウォーター炭酸が液化炭酸ガス工場完成
☆ 室蘭市P連が携帯・スマホルールのリーフレット作成
☆ 26日室蘭で日ハム入団の瀬川選手激励壮行会
☆ 活動4年目迎えた登別元鬼協議会がまちづくり団体拡大
☆ 伊達「ミナミ」の森谷さんが事故防止標語で最高賞
☆ 壮瞥・ゆーあいの家で26日に利用者還元イベント
☆ 白老町商工会のプレミアム商品券が8日間で完売
☆ 製鉄記念室蘭病院に院内カフェ、本格コーヒー楽しんで