■ 伊達市学校給食センター整備・運営公募提案型で選定
【2014年4月18日(金)朝刊】


 伊達市教育委員会は17日、民間資金活用のPFI方式で設置する伊達市学校給食センター(仮称)の整備運営事業実施方針を明らかにした。事業者の募集は公募型プロポーザル方式とし、11月に提案書を受け付け、来年2月に優先交渉権者を選定する審査委員会を開催。同5月に仮契約、6月に事業契約を締結し、2017年(平成29年)8月の供用開始を目指す。

 建設候補地は梅本町71・8、だて歴史の杜総合公園ゲートボール場。稼働後の給食数は1日3300食(うちアレルギー対応食50食)。伊達市内と大滝区の計15小中学校、壮瞥町内の4小中学校に配送する。

 同実施方針には衛生管理の徹底、食育の推進、防災機能の導入、環境への配慮などを盛り込んだ。市ホームページで既に公表しており、今月3日に事業者を対象にした説明会を開催。32社が参加した。

 選ばれた優先交渉権者は、仮契約締結までに特別目的会社(SPC)を設立する。設計・建設・開業準備の期間は15年6月〜17年8月。17年8月に施設を引き渡し、供用を開始。運営は32年8月までの15年間としている。

 同ゲートボール場は市有地で、広さ約4千平方メートル。上下水道などのインフラ整備が完了しており、事業費が抑えられるメリットがある。

 市教委はこの日開催された市議会総務文教常任委員会で、同給食センターの整備進捗(しんちょく)状況などを説明した。
(伊藤教雄)




◇ 主な地域のニュース

☆ JX室蘭の工事で西胆振に特需効果、宿泊施設は満室
☆ 室蘭市消防本部の新人消防士、黙々と訓練に挑む
☆ 室蘭市医師会があす胃がん予防の市民講演会開催
☆ 室蘭の桜開花は来月7日、昨年より9日早く
☆ 登別・ビノス貝生かしたメニュー「グルメ会」が考案
☆ 洞爺湖のふるさとの丘で癒やしの絵画展、22点展示
☆ 白老「SLポロト号」シート取り外し半年ぶり雄姿現す
☆ 室蘭「悠悠ライフ」開講、生涯学習気持ち新た