■ 伊達・温水プールとトレーニング室、来月1日オープン
【2014年3月5日(水)朝刊】

多彩な運動機器を備えたトレーニング室
 伊達市のスポーツ拠点、松ヶ枝町の市総合体育館に併設された温水プール、トレーニング室の開館準備が整った。7〜9日に市民見学会、13、15、16日にプレオープンで無料開放し、4月1日に正式オープン。3日まで無料開放し、4日から有料の通常利用に入る。

 室内プール棟は同体育館の南隣。規模は鉄筋コンクリート平屋一部2階建て延べ2272平方メートル。二酸化炭素削減に効果がある木質ペレットボイラーで水温、室温を調節し、通年で利用できる体育施設とした。総事業費は10億5千万円。

 一般用7コースの25メートルプール(水深1・1〜1・35メートル)、歩行者用プール(同1メートル)、幼児用プール(同0・4メートル)を設置。ジャグジー、採暖室、更衣室、シャワー室、トイレ、観覧ルームを付けた。更衣室、シャワー室、トイレが一体の障害者用ブースも設けた。

 トレーニング室はプール棟の中にあり、広さは318平方メートル。ランニングマシン、コードレスバイク、油圧計トレーニング機器など43台の運動機器を備え、体力診断機器一式も導入した。

 指定管理者はNPO法人伊達市体育協会・株式会社苫小牧スコーレ共同事業体。同社の森川尚雄取締役常務は「有酸素系、筋力トレーニング系、リラクゼーション系の多彩な運動機器を備えており、高齢者や女性でも気軽に利用できます」とPR。初心者には常駐スタッフが使い方をアドバイスする。

 プールの個人利用は1回券で一般500円、高校生240円、小中学生120円。個人利用の回数券は一般2500円、高校生1200円、小中学生600円。トレーニング室の利用は1回券300円、11枚つづりの回数券3千円。

 7日からの市民見学会は午後1〜7時。13日からのプレオープンは1日4回の無料開放で、各150人定員。7日から総合体育館と市教委生涯学習推進課で整理券を配布する。問い合わせは市体育協会(総合体育館内、電話0142・23局8600番)へ。
(伊藤教雄)

【写真=多彩な運動機器を備えたトレーニング室




◇ 主な地域のニュース

☆ 室蘭港にのんびりスズガモ、数十羽の群れを確認
☆ 室蘭で「防災フロート」机上訓練、災害時迅速派遣を
☆ 室蘭・日鋼記念看護学校卒業式、医療の道へ誓いの一歩
☆ 7、8日「室蘭VOX」公演、市民会館でリハーサル
☆ 登別明日中等教育学校の入学選考方法見直しを検討
☆ 「道の駅とようら」の新メニュー検討、地元食材を活用
☆ 白老元気まちねんりんピックで141人体力と知力発揮
☆ 公立高校入試スタート、胆振では2361人受験