■ 伊達市体育館が来月25日で一般開放終え閉鎖
【2012年2月20日(月)朝刊】


 伊達市鹿島町にある市体育館は来月25日で一般開放を終え、閉鎖される。指定管理者のNPO法人伊達市体育協会(坪俊輔会長)は新設された総合体育館(松ヶ枝町34・1)に引っ越し、4月1日のオープンに備える。

 市体育館は建築から47年を経過し、老朽化が進行。総合体育館の供用開始に伴い、隣接する分庁舎とともに解体されるが、代替施設がないため、年度末まで利用し、引っ越しなどによる移行期間は1週間に抑える。

 菊谷秀吉市長は昨年9月の定例市議会で、解体される市体育館と分庁舎の跡地について「分庁舎で行っている税の確定申告や各種選挙の期日前投票を行う施設の建設を検討している」と明らかにした。

 さらに「市役所通り商店街や周辺自治体の意見を取り入れ、例えば商店街イベントや自治会の会合ができるスペースの確保、高齢者や身体障害者に配慮した行政の市民サービス部門の設置なども考えたい」と述べた。

 その一方で、財政支出の軽減を図るため、国の制度を見極めて活用する意向も示し、解体を含めた実施時期については明言を避けている。

 総合体育館は4月1日に開館し、オープニング事業としてテープカットや体育館の愛称「あかつき」命名者の表彰式などを行う。
(伊藤教雄)




◇ 主な地域のニュース

☆ 室蘭民報社が「北の土偶展」特別観覧バスツアー参加者募集
☆ 室蘭・市民雪像ゆきまつり最終日、チーム久保内が優勝
☆ 室蘭市予算案、ひとり親や産前産後ヘルパー派遣費倍増
☆ 室蘭で五市対抗剣道大会―激しく竹刀打ち合う
☆ 登別のデンマークの夕べ、帰国報告で交流深める
☆ 壮瞥プチ冬まつりにぎわう―利き水大会、歓声と笑顔
☆ 白老で紙飛行機ビンゴ大会、的目掛けて“愛機”放つ
☆ 室蘭・東明中合唱部がデイセンター訪れミニコンサート