■ 元登別厚生年金病院事務員の女を横領容疑で逮捕
【2010年9月15日(水)朝刊】


 登別市登別温泉町の登別厚生年金病院(成田寛志院長)に勤務中の約2年間で、診療費など計約900万円を横領した―として、室蘭署は14日午後、業務上横領の疑いで、元同病院事務局会計課事務員で、室蘭市中島本町3、無職、小山清美容疑者(43)を逮捕した。

 逮捕容疑は、同病院事務局会計課事務員として勤務していた平成17年4月ごろから約2年間、約10回にわたって診療費を不正に処理し、計約900万円を着服横領した疑い。さらに、同病院では同12年〜19年3月ごろまで約1億数千万の不明金が発覚しており、同署は同容疑者が約230回横領したとみて関連を慎重に調べている。

 同容疑者は、患者が支払った診療費などを銀行に預ける間までに着服。その穴埋めに患者の診療に基づき、自治体や健康保険組合などの保険者から、同病院の口座に振り込まれた医療費を流用。その際、伝票を巧みに操作するなど不正に処理していた。

 同容疑者は平成11年9月の試用採用後、同12年4月から会計課事務員として勤務。同20年6月に退職するまで、医療会計事務を実質的に一人で管理。退職後の同病院調査で保険者からの医業未収金が多いことが判明。同病院は同21年2月、同署に告訴した。調べに対し、同容疑者は容疑を認めており「金は生活費などに使った」と話しているという。

 同病院は「多大なご迷惑をかけ、深くおわびしたい。再発防止に取り組みたい」とのコメントを発表した。




◇ 主な地域のニュース

☆ 景気対策に力を―菅代表再選に室蘭市民の声
☆ 室蘭で大黒摩季さんライブ、本紙創刊65周年事業
☆ 豪華客船ぱしふぃっくびいなすが5年ぶりに室蘭寄港
☆ 野山に秋の気配…登別市内でススキが見ごろ
☆ おおたき北海道陶芸展、大賞に渡辺さんが選ばれる
☆ 伊達で会長杯小学生バレー大会、14チームが元気プレー
☆ 苫小牧高等商業校がイモ堀り体験、勤労の尊さ実感
☆ 還暦野球・室蘭どりーむファイターズが全道一を報告