■ 風力発電施設“伊達ウインドファーム”着工へ安全祈願
【2010年7月30日(金)朝刊】


 ユーラスエナジージャパン(本社東京)の現地法人、ユーラスエナジー伊達(高畠哲社長)が設置する風力発電施設「伊達ウインドファーム」建設工事の安全祈願祭が29日、伊達神社で行われた。南黄金町の丘陵地にある旧伊達牧場内に出力2千キロワットの風車5基を設け、平成24年1〜2月の運転開始を目指す。

 建設地は南黄金町206・1ほか。戸田建設札幌支店が施工し、本年度は造成工事と基礎工事を行い、来年度に風車5基と付帯施設の高圧連係変電所、送電線などを設置する。

 風車は日本製鋼所室蘭製作所が受注し、タワー77メートル、ブレードを含めた高さは118・6メートル。用地内に200〜500メートル間隔で5基を立てる。無人施設となるため、同所が委託を受け、遠隔監視で運転、管理に当たる。

 ユーラスエナジージャパンは風力発電による売電事業の国内最大手。道内で6カ所目、胆振では初めてとなる伊達ウインドファームでも、発電開始後は総出力1万キロワットの全量を北海道電力に売電する。

 安全祈願祭は大雨のため、会場を建設地から伊達神社に変更。ユーラスエナジーグループを統括する持ち株会社・ユーラスエナジーホールディングスの永田哲朗社長、菊谷秀吉伊達市長らが出席し、神事で工事中の無事故を祈願した。

 永田社長はあいさつで、「環境に優しく無尽蔵の風力発電をさらに発展させるため、伊達市内でも頑張っていく」と決意を示した。
(伊藤教雄)




◇ 主な地域のニュース

☆ 通行止め、JRに遅れ…28日から室蘭地方で大雨続く
☆ 赤燃ゆる夏―室蘭・小山さん宅でブーゲンビリア満開
☆ 夏だ!祭りだ!あすから室蘭で多彩なステージ続々
☆ 新日鉄室蘭病院で高校生が体験、看護の心はぐくむ
☆ 登別の「どんぐり・コロコロ」、育児支え開設300回
☆ ジオパーク食べ歩こう!6日から壮瞥でフードパス開始
☆ 力込め生地こねこね―白老で親子パン教室スタート
☆ 夏の交通安全期間中、室蘭署管内で死亡事故ゼロ