■ 室蘭大谷サッカー部OB会が「高橋正弘杯」開催へ
【2008年8月14日(木)朝刊】


 室大谷サッカー部監督として多大な功績を収めた故高橋正弘氏の13回忌を迎えた今年、同サッカー部OB会主催で「高橋正弘杯」が開催される。OB70人が集結し、8月16、17の両日、室蘭大谷高校と室蘭市入江運動公園多目的広場で、同サッカー部のOBがチームスタッフにいるU―15、12各世代のチームの試合を行う。

 高橋氏はインターハイや選手権大会で、無名だった同校を全国上位に導いた名将で、Jリーグにも多くの選手を輩出している。13回忌を迎えた今年、もう一度OBが集まり一致団結して現役選手を応援しようと開催を決定した。参加するのはコンサドーレ札幌コーチの三浦雅之さんら70人。

 U―15、12の世代で各6チームずつ出場。同サッカー部OBがスタッフにいるチームが道内から参加する。U―15は室蘭大沢FC、厚真スポーツクラブ、室蘭市北辰中、登別市鷲別中、北湘南サッカースクール、岩見沢市北村中。U―12は室蘭大沢FC、室蘭市八丁平小、ジュントス、Tユニティ、室蘭港南。

 16日に室大谷グラウンドで予選リーグを実施。17日は同広場で両リーグの上位決定戦を行う。また、17日午後1時からはチャンピオンズスーパーリーグ2008のマッチナンバー23、室大谷―コンサドーレ札幌が入江運動公園陸上競技場で行われ、前座試合として、U―15の選抜チームと室大谷の試合を行う。同日夜には懇親会を開催する。

 来年以降も継続開催を検討しており、同OB会の滝谷勲事務局長は「道内外にOBがたくさんいる。一致団結して現役生を応援していきたい」と話している。
(石川昌希)

 
 


◇ 主な地域ニュース

☆ 札幌の会社員が室蘭・イタンキ浜上空を空中散歩
☆ 室蘭・證誠寺で万灯会、先祖しのぶ光の列に心和ます
☆ 古里の味に長〜い列―室蘭の名店帰省客らでにぎわう
☆ 鬼像回る街道を―登別で全国大学政策フォーラム
☆ 伊達に養護老人ホーム・新「潮香園」が完成、来月開園
☆ 町民の応援が力に―内藤選手が豊浦町に里帰り
☆ 全国高校選抜アイスH大会開幕、王座奪還狙う駒大苫
☆ 室蘭の砂田さんが4女しのび家族文集を手作り