■ エンルムマリーナ室蘭、「海の駅」本道第1号に
【2008年1月29日(火)朝刊】


 第1回北海道「海の駅・マリンロード」設置推進会議(北海道運輸局主催)が28日札幌で開かれ、規約や登録手続きなどを決めた。3月の次回会合で、エンルムマリーナ室蘭など4カ所が本道第1号の「海の駅」に登録される見込み。

 「海の駅」とは「海から誰でも気軽に安心して立ち寄り、利用できる港」。元気のある港づくりに向けたマリンレジャーの振興・地域経済活性化への新たな拠点−との位置づけ。平成14年に瀬戸内でスタートし、これまでに全国で99の「駅」が設置されている。設置要件はビジター用のバース(船舶係留施設)や常設トイレと、情報提供の実施。

 本道でのスタートとなるこの日の推進会議にはエンルムマリーナ室蘭やベルポートジャパン苫小牧事業所(勇払マリーナ)など、登録希望4カ所の代表らも参加。代表に門脇奏・北海道マリン事業協会会長を選任し、会の規約や登録施設に掲示するロゴマークなどを決め、道にも会への参加を求めることも確認した。

 今後は登録申請、次回会議(3月24日予定)では、申請の審査、登録証の交付や新年度の事業計画審議などを行う。

 
【写真=本道第1号の「海の駅」に登録される見込みのエンルムマリーナ室蘭】 


◇ 主な地域ニュース

☆ 室蘭へのPCB廃棄物輸送に東日本フェリー参入
☆ 室蘭高原だんパラ冬フェスティバルの概要固まる
☆ 福祉灯油購入費助成の申請、室蘭市が期間延長へ
☆ 五輪メダリスト・中村真衣さんが登別で水泳指導
☆ 王者・内藤の豊浦後援会が、会員証など発送開始
☆ 昭和新山国際雪合戦の「マフラータオル」出来る
☆ 白老の「SLポロト号」、JR白老駅北側に移設
☆ 技術向上めざし20年 NHK室蘭ビデオクラブ