■ 湖畔の憩い、洞爺協会病院跡に噴水広場オープン
【2007年8月4日(土)朝刊】


湖畔に完成した噴水広場 洞爺湖町洞爺湖温泉の洞爺協会病院跡地に造成が進められていた噴水広場が3日オープンし、関係者が憩いの場の完成を祝った。

 同広場はまちづくり交付金事業の一環として、平成18年度に着手。コンクリート土台の解体漏れや土壌の入れ替え作業などで、完成がずれ込んでいた。

 広場には噴水、フジ棚、複合遊具、トイレ、駐車場が整備されたほか、季節の花が楽しめる花壇や中木400本余りを植えた築山もある。この日はあいにくの雨模様となったが、関係者ら50人余りが出席。噴水設置に対して浄財を寄せた札幌市在住の紅粉和子さん(70)に地元の子供が感謝を込めて花束を手渡した。

 続いて紅粉さんが噴水の始動スイッチを入れ、軽やかに水が噴き出すと出席者は拍手で完成を祝った。紅粉さんは事故で亡くなった一人息子の光宏さん(享年33歳)をしのび、「洞爺湖を愛した息子の思いを形に残したかった」と話し、公園が末永く多くの人に親しまれることを願っていた。

【写真=湖畔に完成した噴水広場】 
 


◇ 主な地域ニュース

☆ 室蘭でのPCB処理事業、地元企業が86%受注
☆ 国の技術高度化支援で、室蘭・キメラの事業採択
☆ 室蘭・海星学院高が、米国の2大学と姉妹校提携
☆ 水平線に輝くいさり火−室蘭沖のイカ漁が本格化
☆ 登別でガールスカウト北海道支部キャンプ始まる
☆ 「昭和新山国際雪合戦」に、サントリー地域文化賞
☆ 港都の夏彩る「第52回とまこまい港まつり」開幕
☆ 室蘭・海星学院高生らホームヘルパー2級めざし実習