■ 西胆振最大の商業施設「モルエ中島」きょうオープン
【2007年4月20日(金)夕刊】


 新日鉄都市開発(本社東京・正賀晃社長)が室蘭市中島本町に整備したショッピングセンター「モルエ中島」が20日午前9時にオープンした。関係者らがテープカットして完成を祝った。西胆振最大の商業施設で年間販売額100億円を目指す。各店がオープンセールを実施し、大勢の買い物客が詰めかけ混雑した。

 オープンしたのは出店26店のうち、核施設のスーパーマーケット「スーパーアークス」、スポーツ用品の「スーパースポーツゼビオ」、CD・DVDレンタルの「ツタヤ」、家電量販の「MAXデンコードー」の大型専門店4店と、異業種を集約したモール街を形成する18店の合計22店。

 しまむらグループの「ファッションセンターしまむら」、カジュアル・シューズの「アベイル」、雑貨・衣料品の「シャンブル」3店は25日オープン、リサイクルの「ハードオフ・オフハウス」は26日から買い取りを開始する。

 午前8時40分からモール棟前でオープンセレモニーが行われ、正賀社長は「新しいショッピングの喜びと発見ができる施設です。室蘭の新しい仲間としてハートのモルエをかわいがってください」とあいさつ。来賓の新宮正志室蘭市長は「地域商店街との連携による相乗効果で西胆振の中心商店街の活性化を」と期待を込めた。

 正賀社長、升光法行新日鉄室蘭製鉄所長をはじめ、新宮正志室蘭市長、天里勝成室蘭商議所会頭、中島幼稚園の園児らがテープカットし、待望のオープンを祝った。

 各店のオープンセールに早朝から大勢の買い物客が行列をつくった。予定より5分早い8時55分に、和太鼓の演奏とともに人数制限しながら入店開始。消費者らはそれぞれお目当ての売り場を目指し、店内は活気づいた。

 スーパーアークスに1番乗りした8丁平の60代女性は「7時半ごろに来ました。安いコーヒー類を買った後、ゆっくり商品をみます」と期待していた。


◇ 主な地域ニュース

☆ 室蘭・ふくろう文庫が国宝級の仏画掛け軸復刻を入手
☆ 室蘭市民俗資料館が「とんてん館寺子屋教室」を開講へ
☆ 21日から室蘭・白鳥大橋パークゴルフ場などオープン
☆ 春です−室蘭市幌萌町の湿地でミズバショウが顔を出す
☆ 餌は取れるか−のぼりべつクマ牧場で「クマの腕だめし」
☆ とうや湖農協が雪蔵施設を建設し、商品をブランド化
☆ 有珠山ロープウェイ駅舎に「ロープウェイミニ展示室」
☆ 北京―新千歳直行便の一行が白老アイヌ民族博物館に