■ 室蘭のショッピングセンター・モルエ、施設概要発表
【2007年3月2日(金)朝刊】


 新日鉄都市開発(本社東京、正賀晃社長)は1日、室蘭市中島本町で建設中のショッピングセンター「モルエ(MORUE)中島」の施設概要を発表した。出店テナントは26店。西胆振最大の大型商業施設で年間販売額100億円、来客数500万人から600万人を見込み、4月中旬にオープンする。

 建設事業費は約30億円。施設概要は敷地面積6万9000平方メートル、建物延べ床面積2万8000平方メートル。ホームストア中島店が移転するアークスグループの新業態「スーパーアークス」を核店舗に、18の異業種店を集約したショッピングモールと専門店など26テナントが出店する。室蘭、道内資本のテナントは9店。約250人の新規雇用が創出され、地元採用を優先している。

 室蘭市の平成16年度の商業統計で、小売業の年間販売額は1078億5715万円。モルエ中島の販売目標額は市全体の販売額の約10%に当たる。

 施設名称「モルエ」は、室蘭の語源であるアイヌ語の「モ・ルエラニ」とショッピング「モール」を組み合わせた。施設の外には柱と屋根でつくる「ピロティ方式」の空間が幅5メートル、直線距離で約100メートルにわたって整備され、悪天候時の買い物の利便性向上を図るほか、イベント会場としても使用できる。

 ホテルサンルート室蘭で開かれた発表会で、新日鉄都市開発の与田直樹北海道支店長は「新日鉄が所有する中島グラウンドを活用した地域貢献策として、住宅開発の選択肢もあったが、雇用創出などさまざまな複合効果で地域の活性化が期待できる商業施設の開発を選んだ」と経過を説明。「地元商業者や町会の皆さんと協力して地域に貢献したい」との決意を述べた。

 中心市街地に進出する大型商業施設として、地元の商店街振興組合や中島商店会などの商業関係団体が加入要請を検討していることについて、同社は「正式に要請があればテナント会などと足並みをそろえて対応したい」との考えを示した。

 工事の進ちょく率は約80%。オープン時期は「4月中旬」とされており、オープン日を各テナントと調整している。オープン時の交通混雑については室蘭市や室蘭署などと協議して混乱回避に取り組む。

 出店テナントは次の通り。
 ▽スーパーアークス生鮮食料品▽ファッションセンターしまむら衣料品(婦人、紳士、子供衣料、寝具、雑貨)▽アベイルカジュアル・シューズ▽シャンブル雑貨、衣料品▽スーパースポーツゼビオスポーツ用品・用具▽ツタヤ音楽・映画レンタル、販売、本・ゲーム関連機器▽MAXデンコードー家電量販▽ハードオフ・オフハウス・ホビーオフリサイクル商品(家電・楽器・カー用品の買取販売、衣料、家具、釣り具、おもちゃ)
 【ショッピングモール】
 ▽洋服の青山紳士服▽シューラルーレディス、キッズ、雑貨▽ハニーズ婦人服▽ライトオンカジュアル▽エービーシーマート靴▽ツツミ婦人服▽クラフトハートトーカイ装飾、服飾雑貨▽ジェニー雑貨▽くすりのサンドラッグドラッグストア▽化粧品のいたがき化粧品▽メガネサロンルック眼鏡▽プライド理容・美容▽リフォームほしやま服飾リフォーム▽(仮称)リカーショップ酒類▽草太郎和菓子・洋菓子▽サンマルクカフェ飲食(カフェ)▽イタリア食堂ボーノボーノ飲食(イタリアン)▽らーめん頑者小次郎飲食(ラーメン)

 


◇ 主な地域ニュース

☆ 臨港道路接続で一致、室蘭・白鳥新道ワークショップ
☆ 室蘭アイスバーズ、旭川連盟会長杯2年ぶりの優勝
☆ 「匠の逸品、ぜひ見て」4日に室蘭高等技専で技能祭
☆ 登別市立図書館のテーマ展示、5年間で百回目迎える
☆ 伊達「バウムハウス」に、児童精神科診療所がオープン
☆ 白老牛ハンバーグの郷土学校給食に、「おいしい」連発
☆ 室蘭の若山3きょうだいが絵画コンテストで入賞